ハカン司令官Q&Aセッション:世界の銀河連合 物理的コンタクトは2023~2026年 11/21

親愛なる兄弟、姉妹たちよ。
ハカンです。多くの人が質問を寄せています。私にとっては、これは人類が目覚めつつある良い兆候です。 皆さんの質問に感謝しています。

質問です。RHマイナスの血液のライトワーカーと子供について興味があるのですが、私たちに何か特別な使命が関係しているのでしょうか?なぜこの突然変異が地球上に存在するのでしょうか?DNAの研究成果だと思うのですが、この突然変異は妊娠のリスクが高いので、どうしてRHマイナスの人がまだ存在しているのでしょうか?

この突然変異に関係する贈り物を、ここにいるすべての人々のために活用する方法はないのでしょうか?

それとも、全く関係ないのでしょうか🙂。

プレアデス人は多くの血液型を持っているのですか、それとも一つなのですか?

回答 それは素晴らしい、とても鋭い質問ですね、ありがとうございます。

RHマイナスの血液は、実は爬虫類人と関係があるのです。

人は、光と闇の両方に触れ、経験することで、より賢く、よりパワフルになるのです。そういう意味では、爬虫類と関係のある血が流れていることは有益なことなのです。

RHマイナスの血が流れている人が、自動的に悪者というわけではありません。地球人もそうですが、爬虫類人もそうです。RHマイナスの血液を持つ人々は、自分の行動を選択する自由があります。また、光の側にいる爬虫類人もいます。

また、RHマイナスの血液を持っていなくても、効果的なライトワーカーになることは可能です。例えば、チャネラーはRHマイナスの血液を持っていません。

すべてのRHマイナスのライトワーカーが同じ使命を持っているわけではありません。しかし、RHマイナスのライトワーカーは、一般的に他のライトワーカーよりも少し闇に触れているため、闇の勢力を直接研究したり闘ったりするような特定の仕事では有利になるのです。とはいえ、私は主に自分の魂の導きに従うことにしています。

血液型は人生に大きな影響を与えるものではありませんが、わずかながら影響を与えます。他の血液型にもわずかながら利点があります。

RHマイナスの突然変異が地球上に存在するのは、爬虫類人を含む多くの銀河系種族が大昔に自分たちのDNAの一部を地球人に与えたからだ。これについては、私のメッセージ「ハカン:人類の歴史」の中で説明している。それ以来、誰もRHマイナスの血を排除するために直接干渉してこなかったので、いまだに残っているのです。

地球人の容姿がバラバラなのもそのためです。いろいろな銀河系人種のDNAを持っているわけですが、ある地球人にはある人種のDNAが多く、別の地球人には別の人種のDNAが多く含まれています。

逆に、地球人から見ると、私たちプレアデス人はみんな似たような顔をしています。また、地球人の用語では血液型も1つしかありません。

*******
質問です。近い将来、私たちのメディアの語り口が変わると思いますか?メディアとは、新聞、ラジオ、テレビを指します。私たちは影の中で我慢して仕事をし、全体の波動を高めていますが、メディアは人々の目覚めを妨げる大きな役割を担っていると私は思っています。私は、すべての人に真実を理解してほしいと願っています。今はその願いが強いのかもしれませんね🙂。
質問とあなたの活動に感謝します。

回答 はい、これは多くのライトワーカーたちの心の中にある質問です。多くの人が知りたがっていることを質問してくれて、感謝しています。

そうですね、メディアがほとんどの人を洗脳していることは、とても不公平で孤独で疎外感を感じます。

しかし、私たち銀河人は、メッセージで説明した理由から、自分たちで直接メディアを乗っ取ることを非常にためらっているのです。”ハカン:人類の歴史 “に概説されている理由からです。

私たちが望むのは、地球人の対抗勢力が比較的早くメディアを乗っ取り、真実を放送し始めることです。私たちの個人的な見解では、地球人の対抗勢力は最適な速度よりも遅い動きをしています。残念ながら、地球人の対抗勢力の中には、すべてをコントロールしようとする闇の支配者に反対している人もいるかもしれませんが、だからといって、地球人の対抗勢力が無私の精神的なマスターであるとは限りません。地球人の対抗勢力の中には、全人類の自由を願うよりも、欲や個人的な権力、あるいは特定の国の成功を願うことに突き動かされている人もいます。地球人の中には、自分が他の地球人よりも豊かであったり、より強力であったり、より影響力があったりすることが好きな人もいます。

とはいえ、地球人の対抗勢力からすれば、我々銀河人は現場の状況を理解しておらず、彼らはすでに現実的に可能な限り迅速に動いているのです。上空にある豪華な船の中よりも、実際に地球で生活している彼らの方が、より現場的な視点を持っているというのは、確かにその通りだと思います。

とはいえ、地球人類の遅いペースは、地球の解放を遅らせるだけです。しかし、それを止めることはできません。ある時点で、あなた方のメディアが真実を報道し始め、大多数の地球人が再び団結することになるでしょう。これは必ず起こることで、”いつ “かという問題なのです。

また、ライトワーカーが全体のバイブレーションを高めることに貢献すればするほど、メディアが再び真実を放送し始めるポイントが近づいてくるでしょう。ご協力ありがとうございました。

*******

質問です。スターウォーズの映画についてプレアデス人に聞いてみてください。実際の銀河の歴史に一部基づいていると聞いたことがあります。銀河人はライトセーバーを使うのでしょうか?
回答: はい、確かにスターウォーズは実際の銀河の歴史にインスパイアされています。この映画とスタートレックによって、地球人類にソフトな情報開示がなされたことは素晴らしいことです。

私は、地球文化の他の多くの部分と同じように、スターウォーズを脳にダウンロードするのではなく、実際に座って観ました。私はそれが好きでした。現実の歴史が地球人によってどのように解釈され、疑似フィクションに仕立てられたかを楽しむだけでなく、そのストーリーをそのまま楽しむことができたのです。

地球人の皆さんは、優れたストーリーテラー(物語の語り手)です。地球が自由になれば、多くの銀河人が地球の物語を聞きたくなるのではないでしょうか。

一般に、多くの人の共感を呼ぶフィクションには、何らかの真実や隠れた歴史が隠されていることが多いものです。これは、すべての言葉が文字通り起こったということではなく、その一部が実際の出来事からインスピレーションを得たということです。

ライトセーバーは時々使われましたが、本格的な戦闘用というよりは、スポーツや儀式用、あるいは好奇心で使われることが多かったようです。私たちから見れば、あなた方の銃はとても原始的ですが、その銃でさえ、戦えばライトセーバーに勝てるでしょう。もしあなたにライトセーバーを渡したとして、アサルトライフルやミニガンで武装した相手に勝てるでしょうか?おそらく無理でしょう。

スターウォーズでは、ジェダイは銃弾の群れを空中で止めたり溶かしたり、超高速でかわしたり受け流したりするような実力者だと思われているのは知っています。しかし、実際にそんなことができる人は、ライトセーバーで突撃するよりも効率的な、思考で敵の戦闘員を無力化することもできるのです。

また、ライトセーバーは現代の射撃武器よりも避けるのが難しいものではありません。

現実世界での戦闘では、銀河人は射撃武器や超能力、そしてピンチの時には肉体を使います。私は、あなたが武術と考えるような訓練を受けていますが、私たちの武術は、エネルギーを意識的に操作し、超能力を組み込んだものです。また、爬虫類人は特別な訓練や武器がなくても、地球人を簡単に切り裂くことができます。

とはいえ、ライトセーバーの面白さ、かっこよさは否定できない。もし、あなたが本物のライトセーバーを使いたいなら、そして、あなたが慎重で責任感のある人なら、しばらくの間、ライトセーバーをお貸しすることもできますよ。着陸したら見せたいものがたくさんあるんです。

*******
質問です。銀河人はいつ、ライトワーカーの何人かとコンタクトを取り始めると思いますか?

回答 ごく少数のライトワーカーがすでに物理的なコンタクトをとっています。これらは主に世界指導者や軍司令官、あるいは特殊作戦を行うライトワーカーで、ある実用的な目的を調整し達成するために行われます。そして、いくつかのケースでは、私たちは特定の影響力のある人たちと物理的に座って話をし、情報を与えたり、あることをするように説得しようとしたりしています。

私たちはまだ、ほとんどのライトワーカーを訪問していません。例えば、チャネラーにはまだ物理的に会っていませんが、チュニアと私、そして他の多くの銀河人が彼に会ってみたいと思っています。実は、私たちは地球人のライトワーカー全員に会って、皆さんとつながる喜びを味わいたいのです。

私たちは、40%ほどのライトワーカーを夢の中で訪ねていますが、その夢は覚えていないことが多いのです。

私たちが多くのライトワーカーと物理的にコンタクトを取り始めるには、具体的にいつ条件が整うのか予測することは困難です。それは、地球人の選択次第です。2023年から2026年の間にそうなる可能性が高いです。しかし、もし地球人が物事を遅らせるような選択をすれば、20年後にしか実現しないかもしれません。

*******
質問です。プレアデス星系は、人間が「白人」と思うような人たちが中心なのか、お聞きしたいのです。

回答 そうです。あなたから見ると、ほとんどのプレアデス人は北欧やスカンジナビアのような外見の白人に見えます。

とはいえ、肌の色が白くない、高度で善良な、人間のような銀河人も存在します。

我々に似た地球人が、我々に似ていない地球人より優れているわけでも、価値があるわけでもないのです。

*******
質問です。プレデス人はペットを飼っているのですか? 彼らの仲間との関係はどうなのでしょうか? また、そこには野生動物がいるのでしょうか? どちらの場合も(家畜か野生か)彼らとのテレパシーでのコミュニケーションはあるのでしょうか?

回答 ああ、素晴らしい質問ですね。

私たちはペットを飼っていません。私たちの船には、動物の仲間がいます。これらの動物たちは、主に1人または複数の特定の個人と過ごすことを選ぶかもしれませんが、これらは特定の個人の所有物ではありません。
 

私たちが乗っている船は知的です。船自体が動物の世話をします。

動物たちは私たちを攻撃しません。私たちは愛情深く、恐れを知らないからです。動物たちの野性味はさまざまです。あるものは人間と一緒に過ごすことを選び、あるものは草木や船内の他の動物たちと一緒に過ごすことを選びます。

私たちは動物とテレパシーでコミュニケーションすることができます。動物によって意識のレベルが違うので、ある動物とはもう少し洗練されたコミュニケーションができます。私たちがある惑星に旅をしたとき、ある動物たちがその旅に同行し、その惑星に留まることを選んだことがあります。もちろん、私たちはそうさせました。このようにして、ある動物を拾ったこともあります。

私たちの船は、動物たちが惑星から惑星へ移動するための動物輸送車なのだ、と冗談を言うこともあります。

私たちは動物が大好きです。今、私の手をなめている動物がいます。また、ある種の動物は、子供たちにある種の教訓を教えるのに優れていると考えています。

*******
質問です。世界の銀河連合は存在しますか?

答え:あります。はい、ありますが、それは人々に言うことを聞かせる正式な存在というよりは、「源」に仕える存在たちの緩やかな協力関係です。前回のメッセージでお話ししたように、純粋に「源」に奉仕する存在は、「源」に奉仕する他の存在たちのために法律を書いたりはしません。せいぜいガイドラインや提案を書く程度です。

ですから、銀河連合が私に従えと強制するような法律はありません。とはいえ、銀河連合には、私が持っていない特定の技術や情報を持つ存在がたくさんいます。ですから、私は銀河連合の仲間たちと話し合い、協力することで、よりよく源の役に立てるのです。このような協力関係が、銀河連合を構成しているのです。

私たちには、法律や罰で強制されるような正式な上下関係はありませんが、能力的な上下関係とでもいうべきものは存在します。例えば、私はある能力を持っていると認められているので、地球の将軍にほぼ相当する軍司令官として受け入れられています。

しかし、例えばアシュター・シェランは私よりも賢明で、一般的な能力も高いと、私や他の人々は認識しています。そのため、遠大で複雑な決断をしなければならないとき、彼の声は私よりも重いのです。彼は、コンピテンシー・ヒエラルキー(優れた成果を創出する個人の能力・行動特性の階層)において私よりも上位に位置し、そこにいるべき存在なのです。とはいえ、彼も一度にすべての場所にいることはできないので、私に仕事を任せることもあります。

アークトゥルス人は、一般的に私たちプレアデス人よりも精神的に発達しています。高度なスピリチュアルな質問となると、私はその特殊な能力階層の中でそれほど高い位置にいるわけではありません。だから、こうした問題については、しばしばアークトゥルス人の兄弟姉妹に相談することにしています。彼らは私に対して正式な権限を持っていませんが、その能力階層で高い位置を占めていると認められており、それを無視するのは愚かなことです。私より賢明だとわかっている人々の助言を無視するならば、私は自分の能力を最大限に発揮してソースに奉仕することはないでしょう。

地球の階層における地位は、しばしば能力によってではなく、権力や富や縁故や汚職や身体的特徴や正しい見解を持っているかどうかによって決められます。もちろん、それが悪いことだというのは同意します。しかし、社会が機能するために階層が必要なのです。例えば、手術室で予期せぬことが起こり、外科医が看護師に自分の行為が正しいと納得させるまで行動できない状況を想像してみてください。その場合、患者はただ死んでしまうことが多いです。

ですから、階層は必要なのです。ただ、階層の配置が実力主義であることを確認する必要があります。

地球の階層で起こる問題の多くは、私たちには存在しません。なぜなら、私たちの最大の関心事はソースに奉仕することであり、個人的な利益ではないからです。能力階級の下位にいる人は、そこにいることを恥じることはありません。なぜなら、能力階級の上位にいる人と同じように、その人もまた「源」に奉仕しているからです。

さらに、私たちには成長思考があります。私は一時は普通の兵士でしたが、今は司令官です。多くの上位職は、一時的に下位職の仕事をしたことがあることを要求されます。また、私たちは何百年も生きているのですから、いろいろな仕事に挑戦する時間は十分にあります。

そして、私たちは皆、心が読めるので、それぞれの能力階層でどこにいるのがふさわしいかは、誰の目にも明らかなのです。先天的な才能が少ない人も、先天的な才能が多い人と同じようにソースから愛されているのですから、人間としての価値が低いと考えるのは無理があるのではないでしょうか?

これは、ポジティブな地球外生命体がネガティブな地球外生命体に対して持っているもう一つの利点でもあります。もし、階層の一番上にいる人が死んだり、排除されたりしたら、私たちはすぐに一番能力のある人を見つけて、その人を階層の一番上に昇格させるでしょう。そうすれば、銀河連合の全体的な効果に大きな影響を与えることはないでしょう。

逆に、負の階層のトップが死んだり、排除されたり、あるいは弱さを見せたりすると、しばしば組織が麻痺したり、血みどろの権力闘争が起こったり、組織が複数の新しい下部組織に分裂したりします。

つまり、要約すると、世界の銀河連合は存在するのです。それは、志を同じくする存在たちが、よりよく「源」に奉仕できるように協力し合うグループです。源に仕える人々に特定の法律に従うよう強制するような銀河連合は存在しません。しかし、もし源の要請があれば、人々が誰かによって直接害されている状況に介入することがあります。

*******
質問です。私はよく私たちの空でチックタック船を見ます。特定の人々がエイリアンの船を見るのは何か理由があるのでしょうか、それともこれは純粋な出来事で、その背後に計画はないのでしょうか?

回答 私たちは確かにこのようにあなたに「こんにちは」と挨拶しています。私たちはあなたからの連絡をうれしく思っています。

私たちは自分たちの姿を隠すことができます。地球人に見せるのは意識的な選択で、通常2つの理由しかないですが、あなたは両方の文脈で私たちを見ています。1つは、我々銀河人の存在に人々の目を覚まさせ、我々の存在にもう少し慣れてもらうためです。そのために、私たちは、そこにいる人たちが私たちを見るのに有益な場所を選んで登場します。

地球人に姿を見せて反応を見るのも楽しいですが、それは地球人にとって有益と判断した場合のみです。

もう1つは、特定の人に向かって手を振ることです。ただ挨拶したいだけかもしれませんし、その人のことを忘れていないこと、その人がおかしな人ではないこと、私たちが本当に存在していることを示したいだけかもしれません。この個人はライトワーカーであることが多く、またこの個人は私たちの何人かと過去世を共有していることもあります。

ほとんどのプレアデス人が何百年も前の存在であることを思い出してください。ですから、成人した二人のプレアデス人が友人や恋人、家族であることは十分にあり得ます。そして、もう一人のプレアデス人はまだ生きていて、その友人や恋人、家族のことをまだ覚えています。

例えば、ある過去世でのチャネラーはプレアデス人として生まれました。その後、彼は地球で生まれるために、比較的早くそのプレアデス人の人生を終えることを選択しました。しかし、彼のプレアデス人の母親は今も生きていて、彼を心から愛しています。彼女はもう一度チャネラーに会いたいと思っています。

このように、あなた方ライトワーカーの多くは、銀河系の兄弟姉妹、父親、母親、息子、娘が現在も生きており、彼らはあなたが過去世を共にしたときのことをまだ知っています。そして、彼らは時々、船に乗って姿を現し、あなたたちに「手を振って」くれます。

私たちプレアデス人の多くは、あなた方地球人だけを比喩的な兄弟姉妹として見ているわけではありません。今生きている私たちプレアデス人の中には、あなたが過去世で私たちと物理的に暮らしていたとき、一緒に過ごしたことを文字通り覚えている人もいます。

アークトゥルス人のような他の銀河系種族も同様です。

そして、そうです、私たちはもう一度あなたにお会いしたいと強く願っているのです。その時は近いうちにやってきます。

皆さん、ご質問ありがとうございました。私はあなたをとても愛しています。中期的には、本当にとても良い時代がやってきます。

あなたの星の兄弟です。


ハカン

光の時代へ
 

** チャンネル A.S.

光の預言天使E.T.

約16年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/OracleAngelET

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です