闇の支配層(フリーメイスン)の特徴と現在計画予想 2023年12月7日&11日

『フリーメイスン(カバール下位、徒党の陰謀団)とは何か?』

※【徒党】(ととう)

何やらよからぬ事をたくらんで寄り集まった仲間・集団。 「―を組む」


金持ち傾向
社会的地位が高い傾向
学歴が高い傾向
評判がいい傾向。
たまにバレて評判を落とすがフリーメイスンだとは明かされない。
悪魔と自認している。
表向き善良な良い人を装っている。
裏で悪いことしまくり。(見せない。隠している)
たまにレバレッジツールを使って奴隷〔生活できる程度の給与で雇用した労働者〕の仕事で最大効果を生んで良い事をして贖罪したつもり。

(偽や夢(幻想)や虚構(張りぼて、見せかけ)を売りつけて”本物の実”を自分達が取る)(タダの場合あり、レバレッジツール(※)による優れたコストパフォーマンス(※)と奴隷〔生活できる程度の給与で雇用した労働者〕のコスト〔費用と労力〕だから)

※偽や夢(幻想)や虚構(張りぼて、見せかけ)

アイドル(偶像)、アニメ(グッズ含む)、芸能(人)やテレビ番組(役立つ情報もありますが、巧妙な情報操作もありますこれ基本です)、インターネットの虚構(工作)キラキラインフルエンサー

※”本物の実”

金、財、特権、社会的地位、評判、可愛い女の子(処女含む)、美女、美少年、美男、面白い人、有能者、自信(優越感)。

※レバレッジ:てこの原理、小さい力(コスト、費用)で大きな効果を得る作用

(そろそろ神力・魔力もなくなり、大衆から絞りつくして効果を発揮しなくなってきている?)

※ツール(道具)

目的の実現のための便利な道具

※コストパフォーマンス

かかった費用や作業量に対する成果。
 

最終勝利を目指して努力中
本人たちは中立気取りの慢心中。欺瞞生物(来世爬虫類説)。

意識転落者

(本来は地獄意識格、誤解的好評価(錯覚資産)で人々からポジティブエネルギーを搾取し意識格を高めている卑怯な悪魔的サイコパス、ソシオパス、他の本物は下げるように仕向ける。欺瞞生物(嘘吐き)の私利私欲モンスター(小さき利他心)。客観的分析と評価)

画像引用「日月神示 この世と霊界の最高機密」中矢伸一著 P99

12月11日14時58分追記

こんにちは!光の預言天使E.T.(創造主の使い)です!
トランスヒューマニズムで知能拡張、知能増幅した場合、あとはこの世の情報を収集し切って増幅した知能で分析し切ればこの世の謎は解けます。
イルミナティとは『集知主義』とのことです。

フリーメイスンでは『グノーシス主義』が流行していると聞いています。

グノーシス主義(上界プレーローマ行き、つまり創造主の”真の世界”(表宇宙?)へ行く)の正解も導き出せるでしょう。
小宮光二先生も比較的最近の撮りおろし動画でロスチャイルド卿の考え方は「他人のアイディア(神からの贈り物)を神の選民であり地球の支配者である自分のものとしてパクる(のは当然という思考)(意訳)」として類似するようなことを述べられていました。
トランスヒューマン化に関して「技術は安売りしないも!」という感じで、私なんか生成AI用に使えるPCも買えません。
トランスヒューマン化技術はもうすでにできていて、一般販売される時はトランスヒューマン化は安くないでしょう。

チーターみたいなものですね。(キリトになりたかったのですよ彼らは)

終わり

グノーシス主義の解説

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9

道徳

物質からなる肉体を悪とする結果、道徳に関して、2つの対極的な立場が現れた。一方では禁欲主義となって顕われ、他方では、放縦となって現れる。

前者は、マニ教に見られるように禁欲的な生き方を教える。後者は、霊は肉体とは別存在であるので、肉体において犯した罪悪の影響を受けないという論理の下に、不道徳を恣(ほしいままにするタイプである。

4世紀の神学者アウグスティヌスがキリストに回心する前に惹かれたのは、前者の禁欲的なタイプであったと言われる。反宇宙的

二元論

グノーシス主義には様々なバリエーションがあるものの、一般的に認められるのは、「反宇宙的二元論[7]と呼ばれる世界観である。

反宇宙的二元論の「反宇宙的」とは、否定的な秩序が存在するこの世界を受け入れない、認めないという思想あるいは実存の立場である。言い換えれば、現在、我々が生きているこの世界を悪の宇宙、あるいは狂った世界と見て、原初には真の至高神が創造した善の宇宙があったと捉える。

グノーシスの神話では、原初の世界は、至高神の創造した充溢(プレーローマ[8]の世界である。しかし至高神の神性(アイオーン)のひとつであるソフィア(知恵)は、その持てる力を発揮しようとして、ヤルダバオート[9]あるいはデミウルゴス[10]と呼ばれる狂った神を作った。ヤルダバオートは自らの出自を忘却しており、自らのほかに神はないという認識を有している。

グノーシスの神話では、このヤルダバオートの作り出した世界こそが、我々の生きているこの世界である、と捉えられる。

反宇宙論

グノーシス主義は、地上の生の悲惨さは、この宇宙が「悪の宇宙」であるが故と考えた。

現象的に率直に、真摯に、迷妄や希望的観測を排して世界を眺める時、この宇宙はまさに「善の宇宙」ではなく「悪の宇宙」に他ならないと考えた。

これがグノーシス主義の「反宇宙論」である。

二元論

既存の諸宗教・思想の伝える神や神々が善であるというのは誤謬にすぎず、宇宙が本来的に悪の宇宙であるとグノーシス主義は考えた。

ここでは、「善」と「悪」の対立が二元論的に把握される。まず、善とされる神々が、この悪である世界の原因であれば、それは悪の神であり、「偽の神」である。となるとその場合、どこかに「真の神」が存在し、「真の世界」が存在するはずだ、と考える。

悪の世界は「物質」で構成されているので、故に物質も悪と判断する。物質で造られた肉体も然りである。一方、「霊」あるいは「イデアー」が「真の存在」であり、「真の世界」である、と解釈される。

善と悪、真の神と偽の神、また霊と肉体イデアーと物質、という「二元論」が、グノーシス主義の基本的な世界観である。これが「反宇宙論」と合わさり、「反宇宙的二元論」という思想になった。

光の弥勒預言天使

約17年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河間司令部の一司令官 部下:サナト・クマラ司令官とアークトゥルス艦隊 アシュター司令官の直属の部下 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神(木花咲耶姫様)の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 名誉博士号内定者 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/ArchangelHeroin

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です