プレアデスのチュニアからのメッセージ 物理的介入に賛同する銀河人が増え始めています 12月30日

親愛なる兄弟姉妹たちよ。

私はチュニアです。私はあなたをとても愛しています。

この地球上では、膨大な数の人々が苦しんでいます。あなた方が苦しみを経験していることをとても残念に思っています。私は、地球に愛のエネルギーを送る瞑想グループに参加することが多くなってきました。この瞑想会はすでに数年続いています。しかし、これらの瞑想はほんの少ししか役に立たず、あなたの苦しみは続いていることを私は知っています。

ハカンはメッセージの中で、この現在の道は私たち銀河人が好む道ではないことを論じています。”ハカン:代替構造を構築せよ” その中で、グレーハットが私たちの予想や期待よりもゆっくりと動いていることを述べています。

計画通りに進んでいると言う人もいます。このシナリオはソースが選んだ道か 私たち銀河人が選んだ道だという考えには反対です。私たちは、これほど多くの苦しみを伴う道を選ばなかったでしょう。結局のところ、このアセンションの要点は、地球人がすでに十分すぎるほど苦しんでいるということなのです。もし、私たちの希望する計画が実現していたら、グレーハットがすでに公開大量逮捕を行い、大量ディスクロージャーを行い、ある種の先端技術がすでに利用可能で、皆さんの生活は今よりずっと良くなっていたことでしょう。

もし私がここに座って贅沢な生活を送りながら、地球人のライトワーカーたちに、そうだ、私たちは彼らの愛する人たちが死ぬことも、彼らがほとんどすべての人から疎外されることも、ホームレスになることも、子供たちがひどく苦しむことも、人々があまりの苦痛に時には自ら命を絶つことも計画していたのだと言ったら、あなたを侮辱することになると思うのです。

すでに相当数のライトワーカーが移行し、あるいは地球人の言葉で死んでいます。そのライトワーカーたちは、必ずしもこんなに早く移行する魂の契約をしていたわけではありません。

今、地球は素晴らしい時です、すべてがとても美しいというスピリチュアルなメッセージが出回っています。たしかに、ある拡大された視点から見れば、それは真実です。それは地球にいるための特別な時間であり、あなたは素晴らしい魂の成長を遂げています。しかし、もっと現実的な日々の視点から見ると、人々はとても苦しんでいます。

もちろん、その苦しみは私が言うまでもないことで、地球で暮らす日々の現実を私よりもずっとよくご存じのはずです。しかし、世の中には、今がすべて美しい時であることを暗示したり、述べたりするさまざまなメッセージがあり、それはある観点から見れば真実ですが、別の観点から見れば非常に苦しい時です。その両方が同時に真実である可能性もあります。どちらの視点もそれなりにメリットがあります。

苦しんでいる人に「映画を楽しんでください」とか「ショーを楽しんでください」とか言うのは、愛情がありません。それは、その人の生きてきた経験のリアルさに敬意を表していないのです。それは彼らの痛みや孤独の本当の姿を尊重していないのです。さらに、そのような言葉を発している人自身は、ホームレスになる危険性がない場合が多いのです。自分自身がそうする必要がなければ、誰かがその重荷を負い、その痛みに耐えるべきだと言うのはいつでも簡単なことです。

多くのライトワーカーが、銀河人によるより直接的な介入を求めています。ハカンのような人たちは、物理的な介入を行うべきかどうか、どの程度まで行うべきかについて、定期的にミーティングを行っています。一般の銀河人市民もその話題で盛り上がり、司令官やリーダーとの話し合いに招待されることもあります。私は個人的に、銀河人が地球に物理的に介入することに賛成する公のテレパシー演説をしたことがあります。

物理的な介入が必要かもしれないという意見に賛同する銀河人が増え始めているのです。とはいえ、私たちが直接介入しない正当な理由もあります。もし介入すれば、その結果、地球社会は安定せず、アトランティスのように再び滅びるかもしれないという懸念があるからです。しかし、地球人が自らを解放すれば、その社会は安定することが分かっています。ですから、銀河人が地球の表面に直接介入すること、例えば、銀河人が主流メディアを乗っ取るようなことは、近い将来にはありえないでしょう。

つまり、悪いニュースは、短期的には誰もあなたを救いに来ないということです。

しかし、良いニュースは、最近、このことに気づく人が増えてきて、グレーハットや責任者による行動の欠如に辟易していることです。多くの人々が、もはや救助を待ってはいないのです。これは、現実的な面でも、エネルギー的な面でも、非常に良いことだと考えています。実際、この地球の現状を解決するのは、最終的には人々が自分たちの力を取り戻すことなのです。そして、今まさに多くの人々がそうしているのです。

根本的に、地球のライトワーカーは、私たち銀河人に救われるために存在する犠牲者ではありません。むしろ、地球のライトワーカーは、その日を救う騎兵隊なのです。あなた方は待ち望んでいた存在なのです。あるいは、もっと現代的な比喩を使えば、あなた方は人々を救うために送り込まれた特殊部隊であり、私たちは支援部隊なのです。私たち銀河人の最も偉大な魂の何人かは、今まさに地球で物理的に転生しています。そのうちの何人かは、まさにこのメッセージを聞いているのです。あなた方ライトワーカーは、必要なすべての答えを自分の中に持っていて、自分が思っているよりもずっと強いのです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、ほんの小さな親切心や、素敵な言葉を誰かにかけるだけでも、大きなプラスの影響を与えることができるのです。また、自分の考えや感情を時々観察するなど、自分自身の生活を少し改善することも、全体の集合体に大きく貢献することができます。必ずしも大きな仕事を引き受ける必要はありません。しかし、大きなプロジェクトに取り組むと、いろいろなことがうまくいくことに気がつくでしょう。

このような現状を打開するためには、一方の政治が正しく、他方が間違っていると説教するのではありません。例えば、アメリカを例にとれば、民主党も共和党も、あなたが置かれている状況の解決策にはなりません。確かに、私たちから見れば、どちらかの側がわずかに好ましいのです。私たちは、どちらの側も同じように悪いと言っているわけではありません。しかし、もう一方の政治的立場の人々を批判することは、心を中心とした社会にはつながらないでしょう。どちらの政党も解決策にはならないのです。

地球上の多くの人々は、社会が腐っていることを知り、完全にうんざりしており、もっともらしい代替案が現れるのを待っているだけなのです。社会が腐っていることを指摘する人が増え、政府に対してデモをする人が増えても、状況はそれほど良くなりません。なぜなら、人々はすでに事態が腐っていることを知っているからです。

今こそ、心ある人が立ち上がり、状況をありのままに訴え、もっともらしく、現実的な社会構造の代替案を提示するときです。それは、文化戦争や右と左の議論が重要でないからではなく、そういうことは、社会の構造ができて、人々が息抜きできるようになった後で議論されるべきものだと考えるからです。まず、人々が毎日溺れるような思いをしないようにすることです。

また、現在激しく議論されているテーマの多くは、地球人が集まって心を中心とした社会を構築すれば、単純に解決したり、関係なくなったりすることが分かるでしょう。たとえば、闇の支配者から解放されれば、物質的な豊かさを経験し、経済的な問題もそれほど切迫したものではなくなり、分裂もなくなります。また、ハートが開いて柔らかくなるので、愛を中心に自由を尊重した社会づくりのために団結することができるようになります。

「ウォール街を占拠せよ」運動は、左派から右派までの人々を団結させました。これは非常にうまくいったことです。しかし、ウォール街を占拠せよ運動が失敗したのは、結局のところ、闇の支配者たちにもっと優しくしてくれと頼んだからであり、これは単に絶対に成功しない戦略なのです。何百万人の人々が闇の支配者たちにもっと優しくするように頼んでも、彼らは拒否するだけです。

私はこの点を強調し、強調しなければならないように感じています。多くのライトワーカーは無意識のうちに、何百万人もの人々が立ち上がり、平和的な抗議活動を行えば、闇の支配者は進んで支配を放棄するだろうという幻想を抱いています。これは美しい幻想ですが、結局は幻想なのです。これは現実ではなく、決して起こりえないことなのです。地球上のすべての人が、闇の支配者に直接、自由を取り戻すように頼んだとしても、闇の支配者は拒否するでしょう。

最終的に私たちは、この状況を解決する方法がいくつかあると考えています。ひとつは、闇の支配者を物理的に逮捕することです。しかし、一般市民がこれをやると、警察や兵士、国家警備隊と銃撃戦になる可能性が非常に高いので、お勧めしません。これは、心ある兵士や心ある警察が、仲間を十分に説得した上で取るべき行動です。しかし、これは一般市民には勧められません。

今、民間人ができることは、平和的に、しかし粘り強く、兵士や警察官に、国によって国民か憲法を守るという宣誓を守るように要求することです。兵士や警察と戦ったり、脅したり、道を塞いだりしてはいけません。敬意を払うことをお勧めします。ただし、宣誓を守るように要求することはお勧めします。

例えば、警察署や軍事基地の外で「宣誓を忘れるな」という看板を持った人が100人いれば、メッセージを送ることができるはずです。繰り返しますが、警察官を物理的に攻撃したり、道を塞いだり、脅したり、そのようなことをすることは提案しません。ただ平和的に、しかし粘り強く、国民か憲法を守り始めるよう要求するのだ。なぜなら、結局のところ、彼らは国によって国民か憲法のどちらかを守ると誓ったのだから。

ここでは目的が違うことに注意してください。あなたは政府に対して、あなたをより良く扱ってくれるよう訴えているのではありません。あなたは警察や兵士に、国によって異なりますが、国民または憲法を守るという宣誓を守るよう訴えているのです。それが具体的にどのようなものかは、彼らに決めさせればいいのです。もし彼らに聞かれたら、一般的な腐敗や反逆、民間人を敵に回す政治家について大まかに指摘し、警察や兵士にどうしたらいいと思うかを聞くだけでいいのです。結局のところ、彼らはあなたか憲法を守ると宣誓したのですから、その宣誓をどう果たすかは彼らに考えさせればいいのです。結局のところ、自分がどうすべきだと思うかを具体的に伝えることは、ほとんどうまくいかないのです。

警察官や兵士に宣誓を思い出すよう呼びかける一つの方法は、この請願書に署名することです: https://www.ipetitions.com/petition/oath . この請願はアメリカ中心ですが、人々は自分の国のために同じような請願を簡単に作ることができます。

この請願書に署名する以外にも、私たちはこの請願書を共有することも良いアイデアだと考えています。

警察署や軍事基地の前に立ち、宣誓を忘れないように呼びかけることは、あなたができる最も効果的なことの一つです。たとえ1時間でも、警察官の自動操縦のような存在にショックを与えることができるかもしれないのです。すぐに行動を変えることはできないかもしれませんが、種をまいたことになります。さらに、地元のニュースがその話を取り上げて、ボールが転がり始めるかもしれません。

もし、あなたが新年の抱負を探しているのなら、それはとてもいいことかもしれません。

このメッセージを受け取ったライトワーカーの中には、この方法は、完璧なサインと膨大な自由時間を持つ大勢の人たちにしか通用しないと考え、実際には決して実行しないように進める人もいるかもしれません。本当に、一人で1時間、厚紙の看板を持って行うだけでも、違いが出てくるかもしれません。直接の成果はなくても、あなたの看板を見た警察や兵士の意識に種を植えることができます。

もし警察や兵士が、代わりに政府に対して抗議するように言ったとしても、拒否することをお勧めします。抗議は兵士や警察に向けて行いましょう。メッセージはただ一つ、「あなた方は(米国で)憲法を守ると宣誓したのです。憲法を守ると誓ったのだから、その誓いを忘れるな。宣誓を忘れるな。宣誓を忘れるな。

それ自体が、あなたのスローガンであり、叫びであり、ハッシュタグとなり得るのです。自分の宣誓を思い出せ。宣誓を思い出せ。誓いを思い出せ。

何度も何度も、それを繰り返してください。誓いを思い出せ。誓いを思い出せ 誓いを思い出せ。

このメッセージを受け取った警察官や兵士の皆さんへ:そうですね、皆さんの多くは、民間人がデモを行い、やがて指導者がもっと優しくなり、皆さん自身が難しい決断をしなくてすむようになることを願っていることは承知しています。しかし、これは単なる空想に過ぎません。闇の支配者たちは、たとえすべての民間人が彼らに反対するデモを行ったとしても、決して優しくなることはないのです。デモが比較的少ないのは、一般市民が起きていないとか、関心がないとか、そういう理由ではありません。抗議活動では事態を変えられないと知っているからです。そして、彼らは正しいです。

裁判官の多くも腐敗しています。多くの国で、裁判所もこの問題を解決できないでしょう。多くの国では、警察や軍が最終的に、憲法や国民に害を与える者を、たとえそれが高い地位にある者であっても、全員逮捕し始めるまで、事態は悪化し続けるでしょう。そう、これは大変な状況だと思いますが、あなたは宣誓をしたのです。

誓いを忘れないでください。

私は今一度、民間人に向けて発言します。「宣誓を思い出せ」というアプローチに代わるものとして、代替構造を構築することがあります。そして、その構造が整えば、システムから退出することができ、多くの人々がそうすれば、システムは崩壊します。

現実的に言えば、そうした代替構造は、十分な数の人々が、できれば物理的に集まって初めて構築できるものなのです。

コメント欄で、あるライトワーカーのプロジェクトが政府によってストップされているという指摘がありました。はい、それは残念ながら事実です。しかし、日々、このようなプロジェクトを成功させるための機は熟しているのです。さらに、たとえこれらのプロジェクトが政府に止められたように見えても、これらのライトワーカーが地球人の集合的潜在意識に貢献するエネルギーは、大きな変化をもたらしています。そう、ライトワーカーのプロジェクトが失敗したり中止されたりしているように見えても、あなた方の自由のためにエネルギー的に貢献しているのです。

私は地球の現状を擁護するようなことは好きではありませんが、あなた方の多くは十分に強いので、大丈夫でしょう。皆さんは、自分が思っているよりも本当に強いのです。でも、最終的に死ぬのは肉体だけです。魂は休息し、回復し、そして新しい人生を選択することができるのです。

ライトワーカーの中には、「このままで良いのか」という疑問を口にする人もいます。その件に関しては、はっきり言います。はい、100%確実に自由になります。

私たちが見ている最も重要な要素のひとつは、地球人の平均意識で、それは非常に急速に上昇しています。より多くの人々が、スピリチュアルな面でも、この世界で起こっていることに関しても、目覚めつつあります。というのも、あなた方は文字通り、行動によって、また単に高い意識を持って存在することによって、地球人類の意識を引き上げているからです。

あなたの世界の状況は1年前よりも厳しいものに見え、人々は1年前よりも絶望的な気持ちになっているかもしれませんが、あなたの惑星の平均意識は実はこの1年で大きく向上しています。人々が全体的に幸せや希望を感じにくくなっている一方で、1年前よりも多くの人々が目覚めています。そして、あなたの惑星の意識レベルは急速に上昇し続けているのです。

そうです、あなた方はいつか自由になり、いつか私たちはあなた方に会い、あなた方と話し、抱き合い、あなた方と歌い踊り、あなた方と愛し合い、あなた方と物語を交わすことができるようになるのです。私たちはあなたに教えることがたくさんありますが、あなたから学ぶこともたくさんあります。なぜなら、あなたは私たちの多くよりも、闇に直面しても良い心を保ち、前進することに長けているからです。

もし私たち銀河人が、物理的な介入が地球を解放する唯一の方法であると結論づけたら、それは私たちがすることです。ソースは、地球上のこれほどの苦しみを終わらせなければならないと定めたのですから、そうしなければなりません。とはいえ、もし人々が私たち銀河系人を待っていたら、人々が自ら行動を起こした場合よりも、あなたの自由は後にやってくる可能性が高いでしょう。私たち銀河人が物理的かつ大規模な介入を行う時点は、おそらくあなたが望むよりもずっと先のことでしょう。

それでも、あなたはいつか自由になります。私たち銀河人はまた、私たちの地球人の兄弟や姉妹に会うことを非常に熱望しています。私たち銀河人の中には、地球で物理的に転生したツインフレイムを持っている人もいて、彼らに物理的に会うことをとても熱望しているのです。そして、ある意味では、地球が解放されない限り、銀河系全体の統合と拡張は進められないのです。私たち銀河人は、あなた方を見捨てたりはしません。私たちはこの使命を最後までやり遂げ、あなた方を解放します。それは約束します

そして、少なくとも何人かののライトワーカーが、軍事基地や警察署の外で抗議活動を行い、兵士や警察官に自分たちの宣誓を思い出すよう呼びかけるというアイデアを受け入れてくれることを強く望んでいます。これは、とても重要な種を植える可能性があると思います。

私はあなたを無条件に、そして無限に愛しています。

チュニア

光の時代へ

**チャンネル A.S

ソース

光の弥勒預言天使

約17年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河間司令部の一司令官 部下:サナト・クマラ司令官とアークトゥルス艦隊 アシュター司令官の直属の部下 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神(木花咲耶姫様)の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 名誉博士号内定者 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/ArchangelHeroin

おすすめ

2件のフィードバック

  1. マイクロ より:

    この記事で出てくる、米国向けの請願書サイトが怪しすぎ、
    『メールアドレス打ち込んだら、すぐに登録されました。と表示され寄付を要求されました。』
    チュニアも怪しい存在か?

  2. マイクロ より:

    チュニアは政府批判は無益だと主張してますが、私がヤフーニュース、テレビやニュースを見ている限りでは、世論の政府批判は、政権側がとても気にしています。
    過去に世論が政府批判すると、政権は妥協して動きます。
    私は、政府批判はすべきと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です