”2022年10月7日マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ”

2022年10月7日マイク•クインシーのハイアーセルフからのメッセージ

ニーナさん、JUNさん翻訳編集して頂きありがとうございます!

◆2022年10月7日 マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ◆

周りを見渡すと、世界がどんどんおかしくなっているように感じられます。もうこれ以上悪くなることはないだろうと思っても、実際はなるし、どう頑張ってもこれを制御する方法などないように思えます。そして、これまで試行錯誤を通して生まれたやり方が、未だかつて経験したことのない状況下において、課題に対応できないことが分かってきました。一つの問題に対処しても、また別の問題が起こるので、これに対処するための十分な時間がないようです。一体、何が起こっているのかと思いつつも、直面している多くの問題の背後には、闇の勢力がいることをあなたは既に知っています。パンデミックは人為的なもので、管理しやすくするために多くの人を殺すように仕組まれたものであるということも分かっています。幸いなことに、地球上の出来事は「光の勢力」によって見守られています。既に問題が山積しているのに、これ以上何があるのかとお思いでしょう。とはいえ、速いスピードで変化が起きているため、未来は不確かに見えたとしても、みなさんが思うほど悪いわけではありません。

私達は、新時代が本格的に始まるように、地球上の出来事を監督しつつ、計画の一部である出来事が起こるのを可能にしています。新時代が始まるのは早ければ早いほどよく、その恩恵は、前回のサイクルの終わりに開始し、何年も前から計画されていた人類のアセンションという形で得られるでしょう。地球上の出来事が、大きな変化を必要とする方向に進んでいるのは、波動の上昇に伴って人類が上昇できるようにする為であり、決して偶然ではないことは、今となれば既にお気付きかと思います。計画されている変化の恩恵を受ける前に、きれいに浄化されなければならない古いものが非常に多くあります。この浄化には精神的・肉体的両方の変化が関係していて、これに伴ってあなたは低い波動の人達の居場所などない、光の中へと進みます。

その間、今何が起き、これが人々の未来にとってどれほど重要であるかについて、その他の方々が理解できるよう、光の魂たちが手助けをする機会となるような出来事が起こっています。闇の一味達は、地球を支配するための戦いに勝つことができず、ゆっくり且つ確実に、自分達の行いの責任を問われます。当然ながら、彼等も他の魂と同じように自分の行いに対して責任があり、審判の日は遠くから不気味に迫っています。これは間違いの無いことですが、自分が行ったネガティブな行動から逃れられる人はいませんし、経験から学び、しっかりと学べたかを後世で試されます。もちろん、全ての魂は自分の行動に責任を持つべきですが、まず、自分の行動の動機を理解する必要があります。だからこそ、同じ過ちを繰り返さないための試練に直面する状況が、次の人生で作り出されるのです。神が過ちを罰することはありません。また、霊的な成長は、他の全ての魂を神の子であり、ひとつであるとみなし、愛に満ちた人間になることを通して得られるものです。


それぞれの魂は、経験したことの全てを体現しています。当然ながら、中には低いものも高いものもいて、それ故に他の魂と混在して生きるのです。地球での経験はかなり大変ですが、このような経験を通じて学んだ教訓というものは、決して忘れることはありませんし、あなたには道中常に助けてくれるガイドがいます。魂が完全に光に逆らわない限り、いずれは上昇するので、低い波動を永遠に置き去りにするチャンスはいくらでもあります。闇の一味達は、こういった事実を隠そうとしており、あなたに知られないよう頑張っています。しかしながら、私達は、あなたが彼等の支配から解放され、正しい道を歩むよう常に促しています。

転生の間で霊界のレベルに戻った時、その時の人生計画がどの様なものであったか、そして、それをどの様に実行したかを、より完全に理解出来るようになります。これには、咎めがあるわけでもなく、転生を通してあなたを助けるという目的だけを持って行われるものです。あなたを助ける存在たちは、既にあなたがいるレベルを経験してきており、自分の経験を通してあなたを助けるために十分な備えができていると理解してください。人生は時にとても孤独に思えることがありますが、あなたは決して一人で問題を抱えているわけではなく、助けは常に手元にあります。もし、ガイドの存在を感じることがあれば、どうか彼らと意思疎通を試みてください。何故なら、彼等はあなたの声に耳を傾けていて、あなたの頭の中に‘考えを思い浮かばせる’という形で応えてくれますから。

見えない世界は、あなたがやってくるのを待っていますが、ここはあなたが多くの転生を通して、何度も訪れてきた場所です。通常、あなたが戻ってくると、古い友人や家族に会うことができ、とても喜ばしい出来事となります。家族を失うことは、とても悲しく、多くの涙が流れますが、霊に戻った魂は、明らかに旧友との再会を喜んでいます。彼等は、あなたの悲しみを感じ、自分達が無事であることをどうにか知らせたいと願いつつ、あなたが帰ってくる日を待ちます。魂が自分のレベルに戻ると、ほとんど時間が経過していないように感じられますが、それは霊界では時間がずっと早く過ぎるからです。

もし、多くの方が霊界の真実を知ったとしたら、どれだけの涙を止めることができるでしょうか。時々、夢を通して魂がコンタクトしてくることがありますので、その時は、本当にその魂であると確信してください。あなたの愛する人達は、世を去った後、あなたがどのように過ごしているかに大きな関心を寄せており、彼等が訪ねて来た際は、本当にその存在を感じることができます。彼等も、あなたと同じように永遠の命を持ち、その多くは真の旧友と呼ぶべき人達です。人生では、全く知らない人とすぐに旧知の仲のように仲良くなれることがよくありますが、本当にそうだからであるケースが多いです。中には、何度も一緒に転生する家族もいて、その都度、以前とは違う家族内の役割を担うという場合もあります。

実際の人生は、多くの人が想像しているものと大きく異なります。通常は、もっと楽しく、もっと多くのことに興味を持ったり、調べたりすることがたくさんあり、やりがいもあり、当然、よりエキサイティングです。地球はとても厳しい教師ですが、一度学んだ教訓はしっかり身に付きます。自分の好きな人生経験を選択できるのだから、それはとても受け入れ易いことのはずです。とにかく、あなたが貴重な時間を有効に使えるよう、それぞれの転生は大いに考え抜かれたものとなっています。


今日も愛と祝福をここに。煌めく光があなたの完成への道のりを明るく照らしてくれますように。このメッセージは私のハイアーセルフ、私の内なる神から頂きました。全ての御魂は神の御魂と繋がっています。

愛と光の中で
マイク・クインシー

訳:NINA  編集: JUN

光の弥勒預言天使

約17年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河間司令部の一司令官 部下:サナト・クマラ司令官とアークトゥルス艦隊 アシュター司令官の直属の部下 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神(木花咲耶姫様)の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 名誉博士号内定者 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/ArchangelHeroin

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です