THE UNVEILING(除幕式)更新情報 状況報告 2022年9月 2022年9月11日

ソース

https://theunveiling33.blogspot.com/2022/09/situation-update-sept-2022.html

状況報告 2022年9月

2022年9月11日

まずは2022年9月の状況について、そしてアセンションと解放の背景について、いくつかランダムにご紹介します。

前回の記事で書いたように、光の勢力と地球の主要な入植者の間のコミュニケーションは強化されました。その中で最も古い創造主の子孫が受け入れられ、侵略者(キメラ)に対して安定した存在であると宣言されました。彼女が受け入れられたことで、彼らの母船のメインコンピューターに大きなシステムアップデートが送られ、その結果、入植者たちはキメラが作り出した多くの小さな問題をより早く修正することができるようになりました。まるで、寄生虫による地球乗っ取りを実際に解決するための装備が整ったかのようです。つまり、地球で起こることの多くを決定し、重要な事柄や変化について最後の言葉を持つことになるのです。もちろん、光の勢力や女神は地球の行く末に大きな影響を与えますが、彼らはむしろ大歓迎のゲストであり、最初の入植者は地球をそれなりに「稼いだ」人たちです。人類はむしろキメラによって創造された(聖書に書かれているように、神に似せて)のですが、最高の入植者を人類の母として見ることができます。一方で、彼女は実は意識的にキメラに狙われていて、彼らは理由があって地球でのコロニーを妨害したことも証明され、その結果、コロニー化に成功すればさらに大きな報酬が得られることになります。つまり、彼女はこのコロニーのために、初期の創造主の子孫の一人から遠く離れた場所で最も困難な道のりを経たので、解放が完了したときには宇宙的に最も美しい女性の一人になるのです。
遠い昔のある時点で、私たちの古代の植民地の子孫は地球を歩き回っていましたが、キメラはそれらの貧しい創造物を助けるために、実際に植民地の人々を誘い出すために大量の人間を創り出しました。キメラはむしろ、「内輪の」子孫を助ける気になるはずの入植者を自然に捕らえるために、人間を実験台にし、拷問するために人間を作り出したのです。それは数億年後の今日でも同じ「ゲーム」です。この惑星の主要な人類と主要な宿主は、植民者に対するドラッグと巨大な圧力を作り出すために依然として利用されているのです。私たちは創造主の遠い子孫と見なすことができますが、間違いなく非公式の子孫であり、私たちのほとんどは地球で人間として存続するようには作られていません。最近コブラが発表した集団疎開プログラムを見てもわかるように。キメラはすべての人間を移植したため、彼らはむしろ植民地主義者に対抗するトロイの木馬と見なすことができます。第一に、人間は移植された悲惨な状態から自ら抜け出すことはできません。第二に、もし入植者たちが手助けをすれば、いくつかの罠(時間とともに激しくなる)に遭遇し、ひいては植民地全体を危険にさらすことになります。コロニー住民によると、このキメラによって作られ、育種された人間は決して「正しい」ことはしていません。それは、彼らのインプラントがいかに重く、実際にどれだけ創造主の意思と生命そのものに反する方向に向かっているかということです(そして事実、人間はすなわち自然に対して破滅的になる多くのものを実際に創造したのです)。人類の歴史を通じて、すべての生命に逆らうような状態から、完全に治癒した「普通の」創造主の子孫に戻ることができたケースはほとんどないのです。少なくとも非公式な子孫が植民地主義者によって採用されたのと同じように、インプラントを除去する慈悲を得るには膨大な時間と苦痛が必要でした。多くの人間がそれを望まず、カバールを頼るようになり、地球上のすべての生命にとってすべてが悪化することになりました。

さらに、キメラが「盗んだ」創造主の正式な子孫を人間の集団に混ぜてしまうケースもいくつかあり、これも事態を悪化させるだけでした。このような正式な子孫はなかなか見つからず、キメラはもちろん彼らが誰であるかを知っていたため、大きな苦しみを経験し、植民地の人々が彼らを適切に救出するのに一生を要することもありました。
部分的には、この苦しみは、この地球の解放における高位のアセンション者の一部が今経験していることでもあります。光の勢力と女神のおかげでアセンションは以前よりずっと簡単になりましたが、この苦しみの一部は、彼らが来る位置のために必要であると見なされることで、彼らが受け取ったプレゼントの大きさを理解し、与えられたものに価値があることを理解できるようにするためなのです。彼らは、世代から世代へとインプラントが強化されるにつれて、時代を通してますます難しくなった古いアセンションの道の一部を通らなければならないのです。

レッドアラートが発令されて以来、光の勢力はほぼ毎日、トップレベルのカバールを地球外に移送し、無力化させています。私たちは、キメラの階層に、地球内部の超一流のカバールを含む層に到達しました。地球内部には巨人が住んでいるという話を聞いたことがある人は多いでしょうが、地球全体が過去の一定期間、巨人人類の子孫で占められていたという話を聞いたことがある人は少ないでしょう。当時も侵略が進み、洞窟やトンネルに引きこもりました。それ以来、彼らは多くの地球内王国を作り、見て、今日まで地表の出来事に多くの影響を与えてきました。ご想像のとおり、巨人の祖先はすべて友好的だったわけではなく、中にはキメラの仲間になったものもいます。巨人の大きさには力があり、その多くは次の世代が再び得ることができるよりもはるかに強力です。善良な巨人は、後に誰も成し得なかった「創造主」への近さを目指し、悪い巨人はキメラの最大の道具、すなわちトップ・カバールになりました。例えば、ビートルズは、「巨人の肩の上に立つ」ことによって、しばしば「天才」と称される彼らの音楽のインスピレーションの真の源を明らかにしたのです。ご存知のように、旧約聖書では、神に対していくつかの名前(Jahwe、Jehovahなど)が使われており、それらは創造主に対して到達した特定の精神的高さに対応しています。最も邪悪な巨人のうちの一人が、今、セントラルサンに運ばれるまでの間、隔離容器に移されました。彼は「悪魔」として多くの人に知られていました(ただし、同じ名前を使う上位のカバールのメンバーもおり、主な「悪魔」はむしろキメラのメンバーとして見つかっています)。その巨人は、審判と罰の一環として、このような隔離容器に入れられたトップカバールの最初の一人です。彼は今後、他の生命体に負わせた数々の運命と拷問を経て、最終的にセントラルサンで無力化されることになります。このような強烈な罰は初めてなので、光の勢力はまだこのような容器の使用方法を完成させている最中です。このような大きなカバールが取り除かれることで、キメラは大きな反応を示すことになります。彼らのチェーン型冗長性(下記6./7.参照)により、すべての変化が緩衝され、ほとんどの場合、地上の人間には何も見えません。
この罰の不思議なところは、残った上位のカバールのメンバーのほとんどが、自分たちの最高の同僚の一人に対するこの罰を見せられても、全く反応を示さないことです。訓練されているとはいえ、このことから、上位カバールのメンバーのほとんどは(大きさに関係なく)単なる残骸で、生きているというより、キメラ自身によってシミュレートされた空っぽの殻に過ぎないことが証明されました。つまり、ほとんどの上位カバールの体内にあったものはとっくに消え去り、残されたものは、キメラの終わりが近づいた場合に備えて光の勢力が確立しなければならない断罪プロセスを、現在のように長引かせて複雑にするための、かつてのシミュレーションに過ぎないということです。地球の大部分がそうであることが判明しているのは、長い間死んでいたシステムを生きているように見せるために、キメラが用意した劇場に過ぎません。それはまた、多くの人間が真実が明らかになることに興味すら持たない理由も説明します-多くは単にカバールのプログラムを実行しているだけなのです。
その証拠に、残っているすべてのカバールの審判と移送がより迅速に行われることになるし、光の勢力が地球に到着するずっと前から、この腐敗状態はすでに予想されていたので、すべてはすでに準備されています。したがって、ほとんどのトップレベルのカバールはもう何とも思われなくなり、私たちはキメラそのものを無力化するために最終的に移送する方向にずっと速く進んでいるのです。

キメラのメンバーはある順番で地球に到着し、それによって彼らのヒエラルキーにおける地位も決まっています。2つ目は、地球で人間を繁殖させる方法において、地球の父系原理と強く結びついています。つまり、キメラの敵やアセンション者は、自分の父親と同じ道を歩もうとするのです。- キメラは、スターウォーズなどの大衆文化で設定したこの原則について冗談を言いました。ダース・ベイダーと。キメラが父親の原理を利用するのは、それぞれの父親が悪魔になるという意味ではなく、むしろアセンション者の父親をチャンネルとして利用し、アセンション者に何らかの対策を施すためです。この原則は、今まさに検討されており、対応するキメラメンバーが解体され、後に追放される準備をしている間、後のアセンション者が楽になるように中止されます。キメラメンバーの追放の順序は、彼らが地球に到着した順序とほぼ逆になります。

キメラの各メンバーは、創造主と初期の子孫たちがその創造において直面したネガティビティの最初の生きた表現である最初の獣の1つのチャンネルです。最初の獣(しばしば「原初の悪」と要約される-地球を超越した高次の意味で)は、当時、原初の創造主のごく初期の子孫によって完全に消滅させられました。しかし、彼らの遺体の一部は、多くの宇宙サイクルを通じて、さまざまな生命体への新たな宿主として見つかり続けました。これらの新たな宿主は、光の勢力の解放のたびに、そこにチャンネルを確立している場合に備えて殺されました。基本的に、宇宙に存在するすべての高次の邪悪な生命体は、遅かれ早かれそのようなチャンネルになります。一つのチャンネル/宿主が見つかると、彼らは再び自分自身を完成させる傾向があり、最初に存在していた方法で完成されることでより多くの力を持つ傾向があるため、原初の獣のそれぞれをチャンネルにしようとするのである。
一般的に、最初の獣の転生はあまり心配する必要はありません。なぜなら、最初の頃に獣を殺した人々は地球の解放に参加しており、彼らは明らかにその種の除去の絶対的な専門家であり、一般的に寄生虫除去の専門家であり、宇宙的に非常に最初の光の戦士たちだからです。彼らは、前回の記事で述べたように、地球の植民地化を成功したと評価した創造主のごく初期の子孫です。コブラが最近の更新で書いたように、地球には前の宇宙サイクルですでに存在していたキメラメンバー(「ラーカー」)さえもいます。
この小さな歴史の教訓は、解放がいかに複雑で複雑で、なぜこれほど時間がかかるかを示すものです。

それとは別に、地球軌道付近でキメラのアンドロメダ部門と多くの戦略的戦闘が行われています。光の勢力が勝利しているということ以外、特に言うべきことはありませんが、それでも地表への進出はかなり遅いままです。

解放のプロセスはすべて、できるだけ頻繁に、できるだけ多く、自分の意識を光の勢力に向けることでスピードアップできることを忘れないでください。昼間の意識でライトフォースを積極的にサポートする人間が多ければ多いほど、キメラが光の勢力の前進に対抗するエネルギーは少なくなります。

さて、アセンション全般に関するランダムなトピックですが、今回はオリエンテーションをしやすくするために番号を振っています。


1.地球上の全生態系は、長い間、キメラに支配されてきました。たとえば、楽園では雨は必要なかったと思うでしょう。キメラは何百万年もの間、テラフォーミングの戦いで大きな勝利を収めましたが、そのテラフォーミングはかなり邪悪で、キメラの支配が終わると長い時間をかけて元に戻されます。

2.ほとんどの場合、通常の人間は、聖書など多くの聖典にエイリアンの侵略者として紹介されている悪の勢力によって、自分たちがおもちゃとして使われているという真実を受け入れたくありません。そう言われると、多くの人間はその種の知識を非常識だと断定したり、科学的な方法による果てしない証明を要求したりしますが、もちろん科学は高度にカバールの道具として使われているだけなので、そのような証明はできません。人間社会全体とほぼすべてのインフラは、聖書に登場する宇宙人によって破壊されています。宇宙人は明らかに賢いので、空飛ぶ円盤や目に見える宇宙船で来ることはありません。彼らは、ほぼすべての人間を「演じる」/「乗っ取る」ことができ、彼らの契約した人間が人類の間で、特に権力と富の構造において広がっていることによって、そのサブリミナルを維持しています。彼らが本当に活動的になるのは、何かが実際に人間界に変化をもたらし、それが彼らの支配を悪い方向に変えた場合だけです。

3.地球での生活は、宿主である人類が自然条件下で実際に得るよりも良い生活を送ることができると錯覚させるために、毎日大量の生命体を殺すことに基づいていた(キメラが倒されるまでは、今もそうです)。最も多くの生贄が地球の内部で行われ、それらは人間が「普通」と認識する基本的な生活や、映画、音楽、物理的な商品など、表面で成功したほぼすべてのものに使用されています。

4.カバールは、人間にはまったく認識できない獣を狩ります。その結果、通常、急速に重い病気(下痢など、地域/可能性/類似の苦しみ/病気の近さにも依存する)になります。その病気は治らないこともあり、その場合、宿主に取り付いた獣が何らかの形で留まり、人間よりも強力であるため、遅かれ早かれ死に至るのが普通です。古代の聖典では、これらの獣は「(悪魔の)大群」という用語で意味されています。
これらの獣や実体(実際には生きていない)の一つは、生まれた時から各人の太陽神経叢の周りに捕らえられ、それが主なインプラントの一つです。このインプラントは、エネルギーコアをケアしているため、現在では通常、各人間の確実な死(ある程度の年齢で)を保証しており、通常、最後に、あるいは少なくともアセンション中に行われるインプラント除去の終わりに向かって除去されなければならないインプラントです。大きなインプラントの除去には、通常、ある程度の苦しみや病気が伴います。これらの実体は、除去が近づくと急速にダメージを与える傾向があるためです。しかし、光の勢力が突破すると、除去を助けるスピリチュアルな力は、むしろこのような苦しみと一緒に働くようになります。これはまだ必要な部分もありますが、エネルギー的にはその方がはるかに安価であり、したがって解放の現段階ではより多くの人々を救う方が合理的だからです。ですから、あなたのメインインプラントを取り除く手助けをされるときには、多くのアップダウンを経験することを覚悟してください。

5.カバールは、彼らの主要な敵が成就した場合に備えて、すべての人間(大量に移植された者と協定下の者、つまり大多数の者)にエネルギー不足を作り出すメカニズムを持っています。このメカニズムにより、敵はカバールの人間に対して逆に喜びを感じるようになります。これは、すべての人間の体がメカニズムの影響を受けているそれらの低い物理的なレベルで幸福であるために努力するように、これらのカバールの人間の体が発する強力対策を作成します。このように、カバールに支配された人間の体の大きな潜在意識の部分は、カバールの敵に対してそのように訓練されています。また、そのような陰謀団の敵の喜びによって否定的な影響を受けたすべての人間は、潜在意識のレベルでそれらの敵に対して否定的な態度を発揮します。カバールに所有され、強力な移植を受けた人間は、単にそれらの敵をもう好きではなく、どんな形でも支持しないのです。このように、操作された人体の「自然な」反応の枠内で、カバールの敵に対して多くの潜在意識下の反感が形成されています。

6.カバールは、ほぼすべてのメンバーを含む連鎖によって、敵の意志を否定します。まず大物がターゲットの意志を否定し、次に、除去されたり、機能しなくなったりしたら、次の大物が敵の意志を否定する、といった具合です。そうやって、最後の一人が地球を去るまで、敵の意志を否定し続けます。このように、重要人物のデッドロックはどこまでも続き、失敗した場合の冗長性として設定された、すべてのメンバーが否定されるのです。トップ・カバールを排除しても目に見える効果がほとんどないのもそのためで、彼らは人間支配のシステム全体を同じように構築しています。カバールのメンバーは、最後の一人に至るまで、主要な人々に対する幻想を維持するために働きます。つまり、地球の表面で解放の最初の効果を見るためには、多くのカバールが非常に速く去るか、大多数が去らなければならないのです。

基本的にこの連鎖には、地球内部のほとんどの人類と前の世代が含まれており、その多くはインプラントによってのみカバールに縛られています。

残りの連鎖が地球を離れるか、別の方法で「解決」されるまで、彼らの状況が改善されることはないからです(ただし、別の解決策はほぼ不可能なように設定されています)。

7.この連鎖は、カバールの「ビジネスモデル」の成功例の一部です。なぜなら、彼らは多くの(小さな)魂を説得して、この設定が揺るぎないものであると思わせることができたからです。カバールに魂を捧げた小さな犯罪者たちは、階層の頂点であるキメラメンバー自身が永久に排除されるまで、敵が何もできないことに安心することができます。その日まで、参加したすべての人々は、彼らの魂の容量に適用されるよりもはるかに多くの良いものを受け取ります、彼らは明らかに借金を集めています。この種の連鎖のために、トップのカバールがセントラルサンに移されるまでは、多くの借金は支払う必要がありません。それは、キメラによってそのように計画された、どのような方法であれすべてが崩壊します、深く、厳しい落下をもたらすでしょう。裏切り者たちの自業自得の落下でさえ、光の勢力によって緩衝され、システムは無辜の民を運ぶのに十分な安定性を保つことができるわけです。

光の預言天使E.T.

約16年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/OracleAngelET

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。