オーロラ・レイからのメッセージ Q&A 銀河連合の技術 その2 2022年5月10日

Q&A 銀河連合の技術 その2

前回の投稿で、銀河連合の技術についていくつかの質問に答えました。今日は、その中で触れたいくつかの質問に答えたいと思います。それ自体が興味深いし、我々の文明と銀河連合の間の技術競争がどのように展開されるかについて、何かを示しているように思うからです。
 

Q:銀河系インターネットとは何ですか?また、それを管理するルールはありますか?
A:では、銀河系インターネットについてもっと知りたいということですね。
まず、銀河系インターネットについて説明しましょう。従来のコンピュータを使ったインターネットは、TCP/IPという標準プロトコルを使っています。これはTransmission Control Protocol/Internet Protocolの略です。インターネットプロトコルは、WWWの主な原動力となっています。基本的には、ネットワーク上の異なる機器間でデータをどのようにパッケージ化し、伝送すべきかを規定した一連のルールです。これは、人間が距離を超えて通信するために言語を使用するのと同様に、すべてのデバイスが互いに理解できることを保証するものです。最も重要なプロトコルの一つであるHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)については、おそらく皆さんもよくご存じでしょう。HTTPは、クライアントとサーバーの間でメッセージがどのようにフォーマットされ、伝送されるかを定義しています。クライアントとは、パソコンや携帯電話などのオンラインコンテンツにアクセスする機器のことで、サーバーとは、クライアント機器からアクセスしたいウェブサイトやアプリケーションなどのコンテンツをホストする機器のことです。
銀河系インターネットは、量子ネットワーク通信技術(QNC)を用いて、銀河系内の異なる惑星間で時空間ワームホール(STW)を介して光速で情報を伝達するものです。ワームホールは、時空の異なる2点を結ぶトンネルで、従来の直線的な時間のルール(未来→現在→過去)に従わないため、光よりも速い速度での移動が可能です。テッセラクトやハイパーキューブと呼ばれる4次元(3次元+時間次元)の時空間キューブを紙で折るように、物体は異次元間を移動することができます。QNCでは、量子もつれ(2つの粒子がもつれ合うと、一方の粒子に加えた動作が、距離に関係なく瞬時に相手に影響する)を利用して、距離に関係なく瞬時に通信を行うことができます。実際に中国科学技術大学の研究チームが、この技術を使って量子情報を10マイル(約12km)テレポートすることに成功しました。


Q:銀河連合のテレポーテーション技術はどのような仕組みなのでしょうか?
A:銀河連合では、時空間を移動するために、瞬時にテレポートする技術を使っています。この技術も実はとてもシンプルです。通常のテレポート装置を見ると、スタートレックに出てくるテレポーターがベースになっていることがわかります。
銀河連合のテレポーターとの違いは、「逆時」を利用して、ある時点から別の時点へ人の思考を転送する技術であることです。ただし、そのためには、周囲の状況や、その人が今何を考え、何を感じているかを記録する装置をいくつも使います。その情報をもとに、ある瞬間に別の場所にいた人の記憶や体験とそっくりに変えることができるのです(この効果は「思考混合」とも呼ばれます)。これにより、自分の体から出ることなく、時空間を移動することができるのです。
 

Q: 地球外生命体の持つ高度な技術について、もう少し詳しく教えてください。
A:銀河連合の高度な技術は、1つの記事には収まりきらないほどですが、以下、地球外生命体が持っているものを少し紹介します。
– まず、パルサーと呼ばれる先端技術があります。これは、惑星全体の全生命を破壊できるほどの強烈なエネルギー・ビームを発射する兵器です。このテクノロジーは、絶対に必要なときにしか使えません。これまで使われたことはありません。
– また、「ワームホールメーカー」と呼ばれる先端技術は、空間と時間にトンネルを作り、様々な惑星から来たエイリアンが短時間で長距離を移動できるようにするものです。
– 最後に、「クリスタルグリッド」です。多くのクリスタルで構成され、特殊な周波数で外部の侵略者や自然災害から人々や惑星を守ります。
銀河連合は、実用性と有効性を最大限に考慮した高度な技術を有しています。特に宇宙船は、非常に軽量でありながら耐久性に優れています。また、宇宙船はクルーにとっても乗客にとっても快適で、さまざまな気候の中で不自由なく生活することができます。
もし、あなたが先進的な地球外技術についてもっと知りたいなら、私の銀河系ニュース記事(www.thegalacticfederation.com)を読んでみてください。そこでは、銀河連合とは何か、どのように機能しているのか、また、銀河系の他の種類の技術的に進んだ文明について説明しています。


私たちはあなたを心から愛しています。
私たちはあなたと共にここにいます。
私たちは、あなたの光の家族です。
 

エイホ―
オーロラ・レイ
銀河連合大使

ソース

https://thegalacticfederation.com/03-038aa?utm_content=13538427

光の預言天使E.T.

約16年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/OracleAngelET

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。