光のポータル活性化瞑想 薔薇の姉妹団コブラインタビュー 2023年4月23日 後編

ソース

https://www.sisterhoodoftherose.network/post/sisterhood-of-the-rose-interview-with-cobra-portal-of-light-activation

デブラ: では、私たちはその地点に近づき続けているのですね?

コブラ:そうですね。

デブラ: うまくいけばいいのですが!闇の者たちの邪悪な計画について議論するのは楽しいことではありませんが、この話題は誰もが気になるところなので、数分かけてそうしたいと思います。特にここ2~4年、あらゆることが起きて、状況がエスカレートしています。

世界大戦、さらに危険なパンデミック、毒入り食品・水・空気(mRNAを食品に注入するなど)、食糧不足、金融大暴落、ハイパーインフレ、一挙一動を追跡するデジタル通貨監視、「15分」都市、偽エイリアン侵略、エネルギー兵器攻撃、サイバー攻撃などなど…苦難や争い、絶望を作り出すために、闇の連中が私たちにもたらす計画は残念ながらかなり長いリストになっている。非常に長いリストです。

そこで、この5月1日の瞑想でクリティカルマスに達することの重要性を強調するために、これらの計画について私たちは何を期待し、クリティカルマスに達しない場合はどの計画が現れる可能性があるか、お聞きしたいと思います。また、クリティカルマスに達した場合、これらの計画はどのように弱まったり抑止されたりする可能性があるのでしょうか。では、詳しく教えてください。

コブラ:なるほど、私たちがそのポータルの地点に到達すると、それらの計画の多く、その可能性がゼロになることが予想されます。つまり、すでにかなりありえないものもあり、その確率はゼロになるのです。クリティカルマスに達すれば、それらの計画はますますゼロになります。クリティカルマスに達しない場合、それらの計画の中にはまだある程度可能性のあるものもありますが、私たちが行っている進歩は良いものだと言えるでしょう。そのため、それらの計画の多くは、もはや現実的ではありません。例えば、偽の宇宙人侵略計画、これは実現しません。不可能です、すでに不可能なんです。


デブラ: わかりました、よかった。5月1日の瞑想に参加する動機がまた増えましたね!ですから、クリティカルマスは不可欠なようですね。最近台湾で行われた会議で、あなたは、闇の勢力はこの3年間、パンデミックとコロナ隔離を維持しようとするために、すべてのリソースを使い果たしてしまったので、多くのリソースは残っていない、と言っていましたね。あなたは、現時点では、金融システムをクラッシュさせることが彼らの数少ない手立ての1つであり、それ以外にできることはあまりないと指摘しました。この点について、もう少し詳しく教えてください。クリティカルマスに達したとしても、このクラッシュは起こりうるのでしょうか?

コブラ:このハードな金融クラッシュは、まだ可能性があります。彼らの計画は、そのクラッシュの結果として、中央銀行デジタル通貨[CBDC]を導入することであり、彼らはそれを技術的に行うでしょう。しかし、光の勢力にも独自の計画があり、彼らがこのようなことをすれば、光の勢力がサプライズを起こす可能性があるとも言えるでしょう。そして、もしクリティカルマスに達すれば、そのサプライズはより可能性が高くなります。ですから、これは、まだ完全に片付いていない、より確率の高い闇の計画のひとつだと言えるでしょう。しかし、光の勢力は、その可能性をゼロにするために、可能な限りのことをしています。


デブラ:よかった。では、そのサプライズがどんなものなのか、楽しみにしています!ですから、ライトワーカーたちは、この激しい時代にできるだけ多くの光を保持することが求められていますが、私たちの未来についての心配や未知の恐怖は、その波動を本当に低下させてしまいます。そして、この心配は特に経済的なことに当てはまり、屋根があるかどうか、食卓に食べ物があるかどうかを心配します。このネガティブな金融クラッシュが起こった場合、人々は銀行口座のお金を失う可能性があるのでしょうか? そして、私たちが持っているお金をどこに保管するかについて、光の勢力はどのような提案をしているのでしょうか。貴金属や暗号通貨のような代替選択肢にあるのでしょうか?また、ビットコインやリップルについてはどのようなアドバイスがありますか?

コブラ:もし闇の勢力がハードな金融クラッシュを仕掛けると、銀行は閉鎖されるでしょう。そして、デジタル通貨が導入されれば、それまで銀行口座にあったお金のほとんど、あるいはすべてを維持できるかもしれませんが、それはデジタルであり、闇の勢力によって監視されることになります。ですから、少なくともそのお金の一部を銀や金などの貴金属に換えることが望ましいと思います。クリプトカレンシー(暗号通貨)は?自分の内なる導きを利用するのです。それについては、これ以上何も言えません。

デブラ: なるほど、教えていただきありがとうございます。CBDC(中央銀行デジタル通貨)システムが導入される可能性はどれくらいあるのか、また、どれくらいで実現する可能性があるのか教えてください。私たちが知りたいこと、たとえば、ポジティブ金融システムが導入するまでに、CBDCシステムの専制政治にどれくらいの期間対処しなければならないのでしょうか?もし5月1日の瞑想が成功すれば、イベントの前にポジティブな量子金融システムが始動する可能性はありますか?また、瞑想によってCBDCの導入を阻止することはできるのでしょうか?このトピックに関するあなたの洞察に感謝します。

コブラ:このシステムを導入しようとする試みは間違いなくあるでしょうが、この瞑想はその可能性を減らすでしょうし、ポータル自体もその可能性を減らすことになるでしょうね。また、先ほど申し上げたように、各段階でポジティブなサプライズが多く考えられます。ですから、多くの人が描きたがるほど、状況は一面的ではありません。そして、長い目で見れば、このCBDCシステムは成功しないでしょう。

デブラ  なるほど、それはよかったです。先のことに備えることができれば、心配や恐れ、不安を軽減することができます。では、どのような邪悪な計画や混沌が現れても耐えられるように、物理的にもエネルギー的にも準備する方法について、あなたは何を提案できますか?

コブラ:とてもシンプルに、自分の高次の自己、自分のアイアムプレゼンス、自分の魂とつながることです。

デブラ:そうです:  では、そのつながりの場所にいてください、ありがとうございます。今回の質問は、特に多くのライトワーカーが直面している経済的な苦境に関わるものです。あなたは過去に、意図、呼びかけ、行動という、具現化のテクニックを私たちに教えてくれました。しかし、多くのライトワーカー、特に最前線で戦っているライトワーカーが、より良い生活を実現しようとするとき、闇からの干渉を不自然なほど受けているようです。これらのライトワーカーの多くは、何年も光のために無我夢中で働き、その努力に対する賞や報酬を受け取っていませんが、彼らの人生が良くなるどころか、彼らが光のために与えれば与えるほど、働けば働くほど、経済や健康などあらゆる面で彼らの人生は悪くなるようです。現在、経済的に困窮し、まともな住まいを探すのに苦労しているライトワーカーもいます。 このような状況では、多くのライトワーカーがモチベーションを維持し、仕事を続けることがますます難しくなります。では、「意図」「発動」「行動」という具現化のテクニック以外に、ライトワーカーが顕現プロセスにおける闇の干渉を減らすためにできる具体的な対策はあるのでしょうか?

コブラ:ここで重要なのは、光のためのワークと自分の幸福のためのワークのバランスをとることでしょう。つまり、このバランスが保たれ、具現化のプロセスを続けていれば、結果が出るはずです。また、残念ながら、私たちはこの銀河戦争の最終局面にあり、本当に激しいです。残酷です。かなりドラスティックなもので、多くの人がここ2~4年、すべての闇の攻撃の結果として、かなりドラスティックな攻撃や、人生状況におけるかなり深刻な挫折を経験しています。私たちがポータルを開いた後、それらの状況がゆっくりと解決し始めることが期待されます。

デブラ: よし、いいぞ。5月1日にこのポータルが開いた後、ライトワーカーたちの生活の質を大幅に向上させるために、ライトフォースはどのような具体的なステップを踏む予定なのでしょうか?ライトワーカーたちが日常生活で期待できる具体的な改善点は何でしょうか?

コブラ:現在ベータテスト中のある特定のプロトコルがあり、5月1日以降にかなり有効になると予想されます。そして、これに関する具体的な情報が得られたら、公開します。


デブラ  それを聞くのがとても楽しみです!ドリームランドが1.0になったとき、ライトワーカーにはどのような影響があるのでしょうか、また、すでにどのように参加できるのでしょうか。まだ何らかの形で運用されているのでしょうか?

コブラ:現時点ではすべて機密情報です。

デブラ: わかりました、ありがとうございます。さて、あなたはまだDreamspaceについて何も公表していませんね。それについて、何か教えてください。また、ドリームランドと関係があるのでしょうか?

コブラ:これも機密情報です。

デブラ: わかりました。 なるほど、ありがとうございます。今お話したように、ここ数年のこれらの攻撃は、ライトワーカーに対して、特に肉体的な健康をターゲットにして、急激に激化しているものがあります。何年もあなた方の情報に従って、熱心に任務を遂行してきたライトワーカーたちの中には、重い病気にかかったり、怪我をしたりして、体が動かなくなり、任務を続けることができなくなった人たちがいます。彼らは日頃からシールドやプロテクトを行い、1日に何度もコマンド1221を発動し、健康的な生活を送っているライトワーカーです。では、ヴァイオレットフレームの使用やプレディアンコマンドの発動以外に、ライトワーカーが健康を守るためにできる具体的な対策はあるのでしょうか?また、闇の攻撃によって健康を著しく損なってしまったライトワーカーにとって、回復して立ち直るための最善の方法は何でしょうか?

コブラ:前にも言ったように、ここで重要なのは、ミッションのための仕事と、自分を癒し人生をより良くするための仕事とのバランスです。そして、もうひとつ解決しなければならない状況として、こうした攻撃はどんどん減っていく必要があります。そして、地球の表面で闇が本当に力を失い始めたら、それらの状況は解決し始め、癒され始めるでしょう。

デブラ 光に捧げることと、自分自身に捧げること、つまりセルフケアのバランスがとれているということですね。

コブラ:そうです。

デブラ:はい:  うつ病や不安症、睡眠障害、不眠症、悪夢など、より頻繁に起こる現象についてはどうでしょうか。これらのエネルギー的な攻撃は、光の勢力によるブラックホールや異常の浄化の結果なのでしょうか、それとも何がこれを引き起こしているのでしょうか?また、このような状況を軽減するために、何かできることはないのでしょうか?

コブラ:これは、特に今、エーテル界における闇の浄化の直接的な結果です。すべてのエンティティ、闇のテクノロジー、すべてが除去されつつあり、これは非常に強烈です。そしてもちろん、自分自身の保護技術を行い、光に集中することです。そして、私たちがもっと自分自身を守ることができるようになり、光がエーテル界に完全に入り始めることができるようになるある時点で、それらのことが良くなることが期待されています。

デブラ そうですね。そして、当たり前のことかもしれませんが、特にアクティブなライトワーカーであれば、毎日プロテクション・プロトコルを行うことの重要性を指摘しておきたいと思うのです。コブラ、もし5月1日の瞑想が成功したら、光の勢力は私たちのインプラントを除去しやすくなり、私たちも除去を手伝いやすくなるのでしょうか?私たちは、インプラントを分解するためのエクササイズを行っていますよね。5月1日の瞑想の後、これはより簡単になるのでしょうか?

コブラ:はい、それは予想通りです。

デブラ:そうですね:  よかったです。パリ会議のとき、あなたは地球上の女神のエネルギーはとてもとても低く、ゼロのようだと述べましたね。その会議以降、特に最近の台湾の会議以降、改善されましたか?

コブラ:前回の台湾会議以降、ある程度は改善されましたが、もっともっと改善が必要です。

デブラ:はい、そうですね。イベントの引き金となるような、最終的に流れを変えるような神聖な女性のエネルギーが必要な閾値はありますか?

コブラ:「イベント」に必要な神聖な女性エネルギーの量に特定の閾値はありません。もちろん、神聖な女性エネルギーが多ければ、移行はより調和的になります。しかし、私たちが今持っている量では、イベントそのものが、この惑星の表面にいるほとんどの人々にとって、かなり衝撃的で劇的な体験となることでしょう。

デブラ 「薔薇の姉妹団」に参加するモチベーションが高まりました。そうですね、確かに。ライトワーカーのエネルギーグリッドが再活性化されれば、女神のエネルギーが再生され、女性原理がより自由に流れ始めるとあなたは指摘しましたが、これらはすべて、クリティカルマスに達した場合に起こりうることです。このことは、地球上や人類にどのように現れるのでしょうか?

コブラ:これは、地球上でより多くの希望、より多くのインスピレーション、より多くの平和、より多くのバランス、より少ない狂気、そしてより少ない暴力として現れることができます。

デブラ:とても良いことです。言い換えれば、移行をより簡単にするということです。では、その間に、「薔薇の姉妹団」や、より多くのエネルギーを固定することに専念している人たちは、これを支援するために何ができるでしょうか?

コブラ:さて、この時点で最も重要なことは、「光のポータル」(活性化)の普及を支援し、完全に参加することです。これはたった20分の瞑想ですが、20分の時間を割いてこれに専念することは、過度に難しいことではないと信じています。そしてこれは、この地球上の多くのことを変える可能性があります。ですから、私は皆さんに、この言葉を広め、その日に瞑想する時間を設けることをお勧めします。

デブラ:もちろんです。そしてまた、この光のポータル活性化瞑想は、5月1日午後5時6分(UTC)(日本時間5月2日午前2時6分)に行われます。この瞑想についての詳しい情報は、コブラのブログ2012portal.blogspot.comとWeLoveMassMeditation.comのウェブサイトでご覧いただけます。

素晴らしい、コブラ、シェアしてくれてありがとう。来月のインタビュー後編では、このアクティベーションの結果についてお話ししたいと思います。うまくいけば、とても良いニュースがあるはずです。また、女神のエネルギー、ツインソウル、アセンション、イベントなどについても、もっとたくさんお話しするつもりです。そのために、また皆さんとつながることを楽しみにしています。

では、コブラさん、このインタビューのパート1を終えるにあたり、インスピレーションや励ましの言葉、そして、これからのアクティベーションについて何か言いたいことがあれば、教えてください。

コブラ:なるほど、ここ2~4年はかなり退屈だったと言えるでしょう。あまり進展がありませんでした。同じようなことが繰り返されていただけです。でも今、私たちは進化のプロセスの中で、より興味深い部分にようやくたどり着いたのです。だから私は、光を持ち、この活性化について広めるために時間を割くこと、そして光の勝利について言いたいのです。

デブラ:はい、光の勝利です!コブラ、このインタビューに答えてくれて、私たちを導いてくれて、人類のために光を持ち続けてくれて、本当にありがとう。私たちはあなたにとても感謝していますし、パート2でまたお話しできるのを楽しみにしています。本当にありがとうございました。また、このインタビューに質問を寄せてくれた「薔薇の姉妹団」と「光の勝利」チームにもお礼を言いたいです。皆さん、本当にありがとうございました。コブラ、改めてありがとうございました。Victory of the Light!

コブラ:ありがとうございます、Victory of the Light!

光の弥勒預言天使

約17年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河間司令部の一司令官 部下:サナト・クマラ司令官とアークトゥルス艦隊 アシュター司令官の直属の部下 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神(木花咲耶姫様)の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 名誉博士号内定者 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/ArchangelHeroin

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です