⭐️エレナ・ダナーンとの対談Q&A with マータ ⭐️ 2023年1月13日⭐️Part 1

真実の泉 – ディスクロージャーさんより転載(マータさん翻訳ありがとうございます!)

⭐️エレナ・ダナーンとの対談Q&A with マータ ⭐️ 2023年1月13日⭐️Part 1

英語のままのインタビュー動画
https://youtu.be/Gobir4VFsmQ


エレナさんは、まだ休暇でフランスにいらっしゃったので、アイルランドの時差で計算していた為1時間予定より早く始まり、最初ちょっと慌ててしまったり、緊張しました💦


早速、質疑応答に入ります。Part 1 (日本人にとって、とても重要な内容なので、まずは最初の30分くらいまでです)

読み聞かせはこちら(37分)

**********

マータ:ムーとレムリアというのは、同じ事なのでしょうか?ムーは西洋ではレムリアと呼ばれているのでしょうか?

エレナ:はい、私の理解では、ムーは大陸の名前でレムリアは、ムー大陸にレムリアと呼ばれる文化が育ったと思います。

マータ:ムーはレムリアの前の文化だという人もいます。それからムーとレムリアは、同じムー大陸に存在したけど、密度が違う領域で同時にあったという説も聞いたことがありますが、エレナさんの理解では、ムー大陸にレムリアと呼ばれる文化が育ったという事なのですね?

エレナ:そうですね。それは辻褄が合うと私は思います。ムー大陸は非常に古くから長く存在しますので、レムリアという文化・文明が育つ前からずっとあったのです。だからレムリアの前にもムー大陸ではいくつかの文明があったと思います。

マータ:あ〜なるほど!それで分かりました!府に落ちました。私の中での過去の記憶を思い出すキーワードの一つが「ムー」だったのです。それで、私はハワイ島に10年暮らし、ハワイアンから古代の叡智を学び、ムーの記憶を取り戻したのですが、私の中ではムーとレムリアは違うという理解があったので、これで納得です!ありがとうございます。

それでロシア人のボリシカ君という男の子をご存知ですか?10年くらい前にProject Camelotのケリーキャシディーさんが彼をインタビューしていたのですが、その事をご存知ですか?

エレナ:はい、名前は両方とも聞いたことがあります。

マータ:それで彼は火星から地球に転生して来たと言っていて、火星にいた時も地球に何度か来ていて、レムリアにも来ていて、その頃エジプトのピラミッドにも行ったと言っていました。ムーあるいはレムリアの時代にエジプトのピラミッドがあったのでしょうか?

エレナ:はい、あったと思います。その通りです。私も同じ情報をもらっています。アトランティス人がエジプトにも行き、ピラミッドを建設したと聞いています。でも、ムー大陸にもピラミッドはありました。その頃もピラミッドの建設技術がありました。だから、その少年の言っていた事は正しいと思います。

マータ:なるほど。。だから古代エジプトはアトランティスの時代から始まったという事ですね?レムリアはアトランティスの前ですよね?それで、レムリアとアトランティスの時代は、少しかぶっていると本に書いていますね?(本:Seeders)

エレナ:はい、そうです。少しかぶります。(レムリアの最後とアトランティスの最初がかぶる)

マータ:それから本にエンキがラーであると書いていましたね?

エレナ:(考える)いいえ、ラーはアヌです。

マータ:あ〜 そうですね〜 分かりました。

エレナ:はい、それでエジプトの神話に関係して言えば、エンキがオシリスでエンリルがセトになります。

マータ:それでトート(神)はニンギシュジダですね?

エレナ:そうです。トートは、オシリス(エンキ)の息子の一人です。トートはニンギシュジダです。そうです。

マータ:でも、一般的な文献、例えばウィキペディアなどを見るとトートはラーの息子となっていますね?

エレナ:はい、文献によってはそう書かれていますが、アヌンナキの歴史からすると彼、トートはニンギシュジダ、つまりエンキの息子です。エンキには沢山の子供がいて、息子も何人かいましたが、最初の科学者となった息子がニンギシュジダです。

マータ:なるほど、という事は古代エジプト人は、全部アヌンナキと言ってよいのですね?

エレナ:そうです。古代エジプトはアヌンナキの植民地の一つでした。

マータ:では、トキの頭のトート、ライオンの頭のセクメット。。みんなアヌンナキなんですね?

エレナ:はい、そうです。それでエジプトの神話に出てくる神々は、色々な動物の頭をもっていますが、これは実際にそういう頭だったわけではなく、比喩的に表現しています。例えばライオンの頭のセクメットは、砂漠地帯の統治者でした。猛烈に強い戦士、メスのライオンのような性質でした。だからライオンの頭になっています。

それからハトホルは牛の頭で表現されています。母的な存在、子宮のようなマトリックス的な存在だったのです。古代エジプトでは牛がそういう存在として見られていたからです。

マータ:はい、なるほど。それでセクメットは、ラーのアバターという訳ではなく、別の魂をもった存在ですか?

エレナ:はい、セクメット、ハトホル、バステトがラーの3人娘です。同時にラーのパワーの3つの面を象徴しています。セクメットは火、戦士的な炎、ハトホルは、愛の炎、だからヒーラー でした。ヒーリングの炎です。だからラーの光が3つに分かれて分裂したということも言えます。

マータ:はい、分かりました。ありがとうございます。それでラーは太陽神とされていますよね?

エレナ:はい、そうです。

マータ:太陽神・・・これに非常に関心があります。日本では太陽神はアマテラスと呼ばれています。日本の神話で一番有名なのがアマテラスです。この名前を聞いたこはありますか?

エレナ:ないです・・でもとても関心があり知りたいです。

マータ:我々日本の神話でいうとアマテラスが太陽神で一番メジャーな神と知られており、日本の天皇家というのは、言い伝えによると太陽神の子孫とされています。欧州の王家とは異なり戦いに勝ってその座を獲得したのではなく、太陽神の子孫として自然に最初から存在します。

私も個人的に幼少期から自分は太陽から来たと思っていました。「太陽」という言葉が私の中では、もう一つのアクティベーション・キーコードでした。マヤでの太陽の寺院があります。それからケツァシャーも言っていたし、私が学んだインカのシャーマンも自分達は「太陽の民」The Tribe of the Sunと言います。アンデス山脈に住むインカのシャーマンは、太陽の紋章をケープにつけています。私もシャーマンに君は我々と同じ「太陽の民」だと言われました。

ケツァシャーも言っていたし、なぜ彼らは自分達のことを「太陽の民」というのでしょうか?彼らは太陽から来ているのでしょうか?何か知っていますか?

エレナ:「太陽の民」という意味には、色々な意味合いがあると思います。まず太陽の民、太陽の紋章というと、アトランティスの最も中心部だったアトラーの紋章も太陽でした。丸い太陽に輝きを表すような模様が描かれた紋章でした。何故なら彼らは太陽からエネルギーを取り込むテクノロジーを使って全てを稼働させていたからです。ピラミッドを使って太陽からエネルギーを充電していたのです。でも、そのテクノロジーを理解していなかった人たちは、そのピラミッドを「太陽の寺院」と呼んでいました。太陽が真上にある時お昼頃には、太陽からピラミッドの中心にビームが見えてピラミッドが輝いていたからです。実際には、ピラミッドは太陽からエネルギーを吸収する装置だったのです。

それでアトランティスが崩壊した際に、アトランティスから方々に人々が避難しました。特にメソアメリカ(南米)に難民が押し寄せたと思っています。だから、アトランティスの知識が南米の先住民達の記憶の中に残っているのではないかと考えます。アトラーからは、南米が一番近い大陸だったからです。反対側に避難した人々はエジプトに行きました。だから、我々は「太陽の民」だという民族は、アトランティスから逃れた難民達であると、強く信じています。

それから、もう一つの見解は、ずっと昔に地球外生命体が・・アヌンナキだけではなく、色々な種族が地球に到来し、地球の一部の領域をそれぞれが統治していました。その領域では、その種族が好きなように出来たのです。そして、必ず、その種族のチーフみたいな人がいます。それでエジプトの古代Zep TepiやEnuma Elishの文献に書かれていますが、太陽神が自分の息子達を統治者として定めたとあります。最初は、太陽神が地球を統治、次の世代は彼の息子達、あるいは指揮官が統治する時代があり、ここまでは地球外生命体です。その次に、このETと地球のハイブリッドが出来て、彼らが統治して行ったとあります。でも、その統治していた期間は、とても長かったのです。彼らもETとのハイブリッドでしたから、寿命が長かったのです。それで4代目になると、人間が統治したとあります。ET達は去って行ったからです。これがファラオと呼ばれている人達でした。ファラオは、太陽神の生まれ変わりと言われているので、その要素も「太陽の民」と言っている背景に関係あると私は思います。

ファラオ達は、ホルスの生まれ変わりと言われていて、ホルスというのはオシリス(エンキ=王子イア)の息子です。だから、これはラーの王朝であり、それを継続したエンキ、つまり王子イアの王朝という事になります。

そして、この血統が(ヘブル人)古代イスラエル人になります。ノア、アブラハム、イエスなどはその血統です。特別の血統で、エジプトのファラオ達から続く血統になり、アヌンナキのDNAが入っています。でも、その王朝はちょっと狂って来ました。何故なら血統を守る為に兄妹同士の結婚が起きていたからです。でも、それを何世代もやってしまうとおかしくなってしまいます。

マータ:はい、そうですね。日本でも天皇家がそれをやっていたと思います。でも問題が起きてきた為、数世代前に、それをやめて、一般人の嫁をもらうように変わりました。

では、確認しますがファラオ達は、アヌンナキと地球人とのハイブリッドだったのですね?

エレナ:はい、そうです。

マータ:ありがとうございます。それからピラミッドについてですが、アトランティスのピラミッドは、太陽のエネルギーを充電してクリスタルを使って発電するデバイスだったと言っていましたが、エジプトのピラミッドはどうですか?グラ ハム・ハンコック(Graham Hancock)が以前に言っていたと思いますが、ピラミッドの中にある空調、風の入るダクトがありますが、それが特定の角度と長さになっており、風が入った時にある音がするように作られている・・・それでファラオが死んだ後に魂がその音に乗ってオリオンに帰れるようになっているのではないかと言っていたと思いますが、エレナはどう思いますか?

エレナ:私は、グラ ハム・ハンコックが言っている事は正しいと思います。彼の発信する情報は、私も常に追って来ました。彼が言っている事と、私がET達からもらった情報はいつも完璧にマッチします。彼は非常に鋭い見解を持っていると思っています。

アヌンナキが最初にエジプトに住み始めた時は、まだピラミッドはありませんでした。最初にスフィンクスを設置しました。これは、彼らの領域であるという証になるマーカーであり、彼らが暮らした領域には、常にスフィンクスを起きました。ピラミッドは、後から来たアトランティス人達が建設しました。アヌンナキとアトランティス人は、一緒に協力し合って暮らしていました。

エジプトに来ていたアヌンナキは、元はオリオンから来ています。これも事実です。大元は牛飼座から来ていますが、オリオン(座)にアヌンナキの大きな植民地がありました。アヌンナキは、我々の銀河の中の色々なスターシステムで暮らしていたましたが、アヌンナキの王家が暮らしていた場所はオリオンでした。真ん中の3つの星とM42に暮らしていました。

それから、シリウスにも親戚のアヌンナキが暮らしていました。だから、シリウスも関係がありますが、地球に来ていたアヌンナキは、オリオンから来ていました。王アヌと息子のエンキとエンリルです。それからシリウスからも親戚が来ていました。彼らはメソポタミアに暮らしました。シュメール(今の南中央イラク)です。そこから、一部の人々がエジプトのケメット(Kemet)という場所に派遣されました。

それで・・・ピラミッドの中に書かれている文献に基づいて言いますね。凄い内容です。Turinパピルスにも書かれています。「神ラーがエジプトを統治した。ある日、ラーは年老いて疲れた。そして、元の住処であるオリオンに帰った」そう書かれています!

それで、ラーは、去る前に地球を息子の一人オシリスに明け渡したのです。オシリスはエンキのことです。オリオンの言語で、エンはマスターという意味でキが地球という意味です。

腹違いの弟エンリルは、もちろんこれを良く思わなく、それから二人の喧嘩が始まったのです。でも、とにかく、彼らがオリオンから来ているという素晴らしい証拠が残っているという点をここで言いたかったのです。ゆえにグラハム・ハンコックがピラミッドの研究をしていた理由がここにあります。ピラミッドはオリオンやシリウスと繋がる仕掛けがあり、音の周波数を活用していた・・・その周波数が発動機となってオリオンに戻った・・全部マッチします!

マータ:なるほど!では、オリオンの中央にある3つの星と全く同じようにギザのピラミッドが配置されていますが、彼らアヌンナキはその3つ、全部に暮らしていたのですか?

エレナ:はい、でも主にアルニタックとニンタカいう星に暮らしていました。アルニタックが一番メインでした。それからM42のネビュラです。

マータ:でもM42は、ネブの女王がいる邪悪な種族の住処ですよね?

エレナ:はい、でも大元は、ネブに侵略される前はアヌンナキがそこのボルテックスを所有していました。それで私も詳細ははっきり分かりませんが、アヌンナキがそこを去っていくと決めた時に、そこにあったポータルをオリオン座全体に暮らす多種族誰もが使えるように明け渡したのです。みんなが共有出来るようにしたのですが、そのスターゲートを奪い合うオリオン戦争がそれで始まってしまったのです。

マータ:なるほど。ありがとうございます。ネブは、後から来てM42に侵略しいついたという事ですね。分かりました。

それから、この間の動画でエンキは母親が人間で、エンリルは母親がレプティリアンと言っていましたが、アヌは、なぜレプティリアンとの子供を作ろうとしたのでしょうか?(笑) 創造主のように善と悪を体験したかったですか?(笑)

エレナ:(笑)まず、理解しないといけないのは、この王アヌとその家族はロイヤルファミリーです。特別な存在です。古代の皇帝のような存在です。当時は、我々の銀河全体の皇帝だったのです。英国王室も今は昔のように力はなく、お飾りのようなものです。アヌンナキの王家も同じく、今はもう力はなく、昔の皇帝という感じです。だから当時、アヌには沢山の奥さんがいて、子供も沢山作っていますが、その中から一番のお気に入り二人の息子を選びました。一人は人間との子供で、もう一人はレプティリアンの子供でした。

レプティリアンだから悪いという意味ではありません。レプティリアンでも良い種族も沢山います。レプティリアンが悪いと思われてしまっているのは、シカールのドラコ・レプティリアンのイメージが強いからです。ドラコは、本当に卑劣で冷酷なとんでもなく悪い種族です。

でもエンリルの母親であったレプティリアンは、おそらく、アヌが恋に落ちるほど、とても素敵な女性だったのでしょう。あるいは政略結婚だったのかもしれません。分かりません。私はそこまでは知りませんが・・・

エンリルは、レプティリアンのDNAが強かった事は確かです。人間と異なる点は、同情心に欠けることです。あまり相手の気持ちを考えることの出来ない脳の仕組みになっているのです。だから、酷い事をしても何も感じない・・・そういう性質なのです。私が言えることは、それだけです。

マータ:なるほど、分かりました。ありがとうございます。それでアヌンナキの意味は「人間のよう」だと以前に言っていたと思うので、人間(Human)とヒューマノイド(人間型)の違いを教えてもらえますか?我々のような顔や皮膚のタイプがhumanと呼ばれ、手足が2本づつあるけど、頭が例えば鳥とかそういうものは、人間ではなくヒューマノイドになるのでしょうか?

エレナ:はい、我々のような姿、それからプレアデンとかアルクトゥリアン、アンドロメダン、これは全部 Human、人間です。Humanのゲノムを保有します。ヒューマノイドというのは、見た目は、二本足と二本の腕があり、頭があり、人間のようだけれども、Humanのゲノムを持っていない存在です。アヌンナキは、ヒューマノイドです。エンキの場合は、人間とのハイブリッドです。


*******************


ここまでが私(マータ)からの質問で、また後でこれと繋がる話が出てきますが、日本の本物の天皇家(大和朝廷)のルーツは、やはりアヌンナキだった事が判明したと私は思っています!

エジプトのラー/太陽神=天照大神だとすれば、これはアヌンナキ。日本では天孫降臨したとされるニニギ(皇孫(すめみま)、天孫(あめみま)とも称される)が初代神武天皇の曽祖父。天皇は、皇(すめら)と呼ばれ、シュメールと響きが似ています。

ニニギは、地神五代(ちじんごだい)の三代目。日本神話において、地神五代は、1.天照大神・2.天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)・3.瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)・4.火折尊・5.鸕鶿草葺不合尊。

天照大神(ラー=アヌ)・天忍穂耳尊(オシリス=エンキ)・瓊瓊杵尊(トート=ニンギシュジダ=ニニギ)

となるではないですか!

辻褄が合いました。アヌンナキは、ニンギシュジダとかニヌルタとか”二”を使っているので、ニニギも合致します。

神武天皇はユダヤ人だったのではないかという説がありますが、つまりアヌンナキの末枝、ヘブル人(古代イスラエル人)だった可能性が高いと思います。

エジプトでアヌンナキが自分達の領地には、スフィンクスを対(2体)設置する慣しがあった。エジプトのスフィンクスは、元は一対だったのです。

日本の神社には狛犬(獅子)が2体、神社や鳥居の前に必ずあります。これはスフィンクスと同じ。獅子はエジプトでいうスフィンクスなのです。ライオンは中国語で獅子と書きます。大元のスフィンクスの頭はライオンだったとラデュ・シナマーの本にあります。

以前のラデュ・シナマーの話でもアヌンナキの文字に鳥居のマークが出てきました。
https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/73e0b35cfd27fe4a9cf4d89668f45160



鳥居は、ポータルであると考えてよいと思っています。神聖な気持ちで自分の内側の世界に入るという気持ちで、鳥居を潜ることが大事だと思います。


<神社本庁のHPより>
天照大神さまは、孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)に三種の神器である八咫の鏡・八坂瓊曲玉・草薙剣を授け、豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)を高天原(たかまのはら)のようにすばらしい国にするため、天降るように命じました。

さっそく瓊々杵命(ににぎのみこと)が高天原に住む天神あまつかみを伴って天降ろうとされると、あやしい光を放つ神さまがいました。(https://www.jinjahoncho.or.jp/shinto/shinwa/story7)



伊勢神宮をはじめてとして、日本の多くの神社にはイスラエルの国旗にもなっているダビデの星、マカバが刻印されている。

これだけ証拠が揃ったら、もうこれは確実であると言っても過言ではないと思います。

日本人に生まれた事は、とても幸運であるという事をしっかり自覚して、神道的な考え方をしっかり実践していく事の重要を改めて実感しました!

一気にDNAが活性化された内容でした✨(笑)

万歳!マータよくやった(つぶやき)

私のトレードマークは、太陽を背景にしたライオンです。

なんとなく浮かんで来たイメージだったのですが、なぜこれにしたのか、今分かりました!

**********************

最後にソーハンからメッセージをいただきました!

✨✨✨May Japan Be The Guiding Light✨✨✨Thor Han Eredyon

銀河連合・高等指揮官:ソーハン・エレディオンより

日本人へのメッセージ:『もっと声をあげて、世界に自分を表現して行ってください』

エレナさんの解釈「これには色々な意味が含まれていると思います。色々なレベルで。。個人的にももっと自分の意見、考え、表現を外に発信していくこと・・大きな意味では、日本の精神世界をもっと世界に広げていって下さいと言っていると感じました」

「日本人は、宇宙や自然界、地球ととても深く既に繋がりを感じていると思います。どうやって繋がっていけば良いのか、既に知っていると思います。だから、世界のガイドとして、リードして行ってほしいと言っていたと思います」


***********************

光の預言天使E.T.

約16年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/OracleAngelET

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です