プレアデスのチュニアからのメッセージ 苦しみは人に良くない 2022年11月23日

親愛なる兄弟姉妹たちよ。

私はチュニアです。私はあなたをとても愛しています。

以前のメッセージで説明したように、何千年もの間、地球を支配してきた敵対する銀河人、悪魔とその地球人の手先のグループがあります。私たちはこれらを「闇の支配者」と呼んでいます。

今の時代は、地球人がこの支配から脱却するための時代なのです。そのため、この時代はとても混乱し、何もかもが意味をなさないように思われます。私は、地球人が必ず脱却することを保証します。しかし、これは簡単なことではありませんし、苦痛のないプロセスでもありません。

敵対する銀河人や悪魔は、地球人のネガティブな感情を糧にしているのです。あなたの苦しみは、彼らにとって文字通り餌なのです。

もしあなたが、なぜ世界にこれほど多くの苦しみがあるのか不思議に思ったことがあるなら、それが理由です。あなた方の社会は、少数の闇の支配者に支配されていることを明らかにすることなく、文字通り苦しみを最大化するように設定されているのです。

結局のところ、地球人の大多数が、何が起こっているかに気づけば、今起こっているように、それを阻止することができるのです。

もし私が、あなたが地球人を支配し養殖していることを地球人には明らかにせずに、苦しみを最大化する地球人農場を設計するように頼んだら、現在存在するものよりも効果的なシステムを設計できるでしょうか?

これが、あなたの世界で現在すべてがひどいことになっている理由です。あなた方は、人間の苦しみを収穫する地球規模の農場に住んでいるのです。

これらの闇の支配者たちは、自分たちを源から切り離してしまったために、地球人に寄生しています。彼らは自分自身を切り離しているので、全宇宙で唯一のエネルギーである愛の光を直接受け取ることができません。その代わりに、他の存在から、このエネルギーを間接的に、この場合は苦しんでいる地球人から、寄生しているのです。

とはいえ、これらの存在は、自分の行動を純粋に後悔し、源に自分の翼の下に戻してくれるよう頼むだけで、文字通りすぐに源とのつながりを回復し、愛の光を得ることを再開することができるのです。結局のところ、源は無限の愛と無限の寛容さを持っています。ですから、闇の支配者たちが地球人に寄生するのをやめたらどうなるかということを心配する必要はありません。彼らはただ「源」に向かえばいいのです。そうすれば、彼らは大丈夫でしょう。彼らはこのことを知っていて、代わりに寄生することを選んでいるだけなのです。

さて、あなたが本当に人間の苦しみを収穫する地球規模の農場を設計しているとします。地球人類に伝えるべき、絶対に必要なメッセージは何でしょうか。それは、「苦しみはあなたのためになる」ということです。

なぜ、このメッセージを伝えることが重要なのか、明白でしょう?そうすれば、自分たちを苦しめる社会に対して反乱を起こさず、ただ養殖されることを許してくれるからです。

しかし、この「苦しむことは良いことだ」というメッセージは、”逆情報 “と呼ばれるものの一例です。反転情報とは、実際の真実とは正反対のメッセージのことです。

悪魔とその手先は、実際の真実とは正反対の情報を広めるのが大好きです。それは、シンボルを反転させたり、シンボルを逆さまにするのが好きなのと同じです。例えば、逆さ十字は悪魔の手先の間でよく使われるシンボルですが、これは聖ペテロの十字架としても使われます。

悪魔は、既存のシンボルを逆さまにして楽しむ。あるいは、事実とは正反対の情報を流すことを楽しむ。

これは、彼らが源から切り離され、源から愛の光を得ていないためです。したがって、彼らは文字通り創造性を持っていません。もしあなたが悪魔に紙とペンを与えて、何かを描くように頼んだら、彼らは文字通りそうすることができません。彼らは何も創造することができず、既存のものをねじ曲げたり、腐敗させたり、破壊したりするだけです。それゆえ、彼らはシンボルを反転させ、情報を反転させるのです。

先に述べたように、彼らが流す反転情報のひとつは、”苦しみはあなたにとって良いものだ “というものです。いいえ、実際には、苦しみはあなたにとって悪いことなのです。

これを説明する一つの方法として、次のようなものがあります。私たちプレアデス人は、実質的に地球人と同じ人間です。私たちはとても似ているので、プレアデス人も地球人も普通に一緒に子供を持つことができます。実際、このメッセージの中で、私たちはプレアデス人も地球人も「人間」という言葉を使ってきました。

しかし、私たちプレアデス人は、地球人から見れば、人生における苦しみはゼロか、事実上ゼロに等しいのです。そしてこれが、私たちがなぜこれほどまでに愛に満ちた存在であるかの最も重要な要因なのです。私たちは、あなた方よりも優れた人間ではありません。あなた方が経験したような苦しみを経験していないだけなので、私たちの心は自分を守るために閉じることはありませんでした。だから、私たちは愛するのです。

あるいは、地球人とプレアデス人の子供を考えてみてください。私たちの子供たちは苦しむこともなく、私たちにコントロールされることもありません。私たちは彼らにこうしなければならないとか、何を信じなければならないとか、何を考えなければならないとか、決して言いません。せいぜい、質問に答えたり、自分の考えを話したりする程度で、それはあくまで自分の考えであることを明確に示しています。

そして、私たちの子供は苦しまないので、自動的に超能力と思われるものを発達させるのです。たとえ私たちが超能力について子供と話し合ったり、それを見せたりしなくても、それでも私たちの子供はたいてい超能力を自然に身につけるのです。

これは、私たちの子供があなた方より優れているということではありません。むしろ、地球人の子どもたちの方が、DNAの多様性から、より大きなサイキック能力を秘めているのです。そうではなく、子供たちは苦しまなければ、自動的に生まれつきの能力を身につけることができるのです。これは自然なことです。あなたの世界では、ほとんどすべての子どもが、たとえば、何をすべきか、何を考えるべきか、何を信じるべきか、何をしてはいけないか、などを教えられて苦しんでいるため、あなたの子どもはこうした能力を発達させることができません。

そう、何をすべきか、何を考えるべきか、何を信じるべきか、何をすべきでないかを言われることは、子供に苦しみを与えます。ただし、それが子供への直接的な深刻な被害を防ぐために必要であることが、子供にとって非常に明確である場合は例外です。私たちが情報を共有するとき、私たちの見解を示すのであって、子どもが信じなければならない絶対的な真実として示すのではありません。これは、実は大きな違いなのです。

私たちは、子どもたちが学びたくないことを無理やり教室で学ばせるようなことはしません。その代わり、例えば絵を描くことを学びたい子どもには、適切な技術を持った大人に頼んで、絵を描く方法を教えてもらいます。

基本的なことを教える小学校のようなものもありますが、それは短時間で自主的に行うものです。子どもたちは、例えば1ヶ月間、この学校を休んで、いろいろな動物に会ってから、また授業を再開することもできます。

もし、地球人がこのプレアデス式で子育てをしたら、その子供の知恵にショックを受けるでしょう。実際、もし地球人の子供がそのように育てられたら、子供のうちから人類の霊的な教師になることは容易でしょう。子供というのは、往々にして深い叡智を持っているものです。

しかし、苦しみは人の心を閉ざします。心と心のつながり、心と魂のつながりを閉ざしてしまうのです。それは、人々に兄弟姉妹から目をそむけさせます。それは恥を生みます。超能力や知恵を遮断し、人々の強さや喜び、生命力を奪ってしまいます。

苦しみは知恵や思いやりをもたらすと言う人もいるかもしれません。でも、苦しまずに知恵や思いやりを得ることもできるのです。私たちプレアデス人は、それをうまく成し遂げることができるのです。

人間は、地球人であろうとプレアデス人であろうと、本来は学び、探求し、経験することに意欲的です。苦しみはこの自然な欲求を閉ざすことになります。苦しみのために、ある人はとても傷つき、新しいことに挑戦することなく、ただ人生を自動操縦し始めるのです。そして、そのような人たちは、自分に降りかかる更なる苦しみによって目が覚め、その更なる苦しみによって自動操縦から外れることがあります。そのため、この苦しみは彼らにとって有益に思えるかもしれません。

しかし、これらの存在がそもそも苦しみを受けなければ、そもそも自動操縦モードに切り替わることはなかったはずです。

もし私たちが傷ついた人をケアしていたら、いわゆるやる気を出させるためにさらに傷つけたりしないでしょう。必要なものを与えれば、やがて自然なモチベーションが戻ってくるからです。

ホワイトハットや対抗勢力によって流布されている、地球人が「目を覚まし」、教訓を学ぶために、今、苦しみの時期を過ごすのは良いことだというメッセージも、この理由から非常に好ましくないのです。

私たちはそうは思いません。私たちプレアデス人は、人々がこれほど長く苦しむことは有益ではないと考えています。これほどの苦しみは、人を壊してしまうだけです。実際、すでに多くの人が壊れています。

たとえ、苦しみは、人々が教訓を学び、将来、自分自身を操作させないために必要であると主張したい人がいたとしても、私は、人々は、この目的のためにすでに十分すぎるほど苦しんできたと主張します。

また、多くの場合、これらのホワイトハットや対抗勢力は、自分自身がホームレスになる危険性がないことも知っておきたいと思います。また、多くの場合、彼らは信頼できる情報にアクセスできるので、何が起こっているかを知っています。つまり、彼ら自身は、多くの地球人が苦しんでいるような混乱や不確実性に悩まされることはないのです。

誰かが誰かを苦しめて、それが自分にとって良いことだと言いながら、自分は苦しまないという地球人のパターンが、私は本当に嫌いなんです。

私たちから見て、地球人にとって最も有益なことは、次のようなことだと思います。

一つは、ホワイトハットや対抗勢力に、できるだけ早く、できるだけ完全に、悪者を逮捕させることです。地球では毎日子供たちが大変な思いをしています。私たちの心の中では、このことは現在ホワイトハットが抱えている多くの懸念事項よりも重いのです。確かに、近い将来に大量の悪人を逮捕することにはリスクとデメリットがありますが、そうしないことにもリスクとデメリットがあります。

ホワイトハットの皆さん:もしこれらの逮捕に具体的な障害があると思われるなら、遠慮なく私たちに相談してください。私たちは支援的な役割でお手伝いします。また、自分たちを過小評価しないでください。あなた方が成し遂げられないことはほとんどありません。

2:できるだけ多くの地球人の、できるだけ多くのニーズが、できるだけ早く満たされるようにすること。苦しんでいる人のほとんどは、自分の世界観を完全に変えることに抵抗があるでしょう。まず、彼らのニーズを満たすことができれば、新しい情報を受け入れることができるかもしれません。前回のメッセージで、私たちプレアデス人が、地球人の苦しみを減らし、必要なものを手に入れるために、地球人とテクノロジーを無償で共有する枠組みを提示しました。

そして3つ目は、主要なチャンネルで、地球人に対して真実で完全な情報を実際に伝え始めることです。必ずしも1日ですべてを話す必要はありませんが、情報開示のプロセスを開始することです。

とは言うものの 私は、あれだけの苦しみを経験してもなお、多くの地球人が善良であることに感動しています。これだけの苦しみや悲しみを味わっても、これだけ回復力があり、愛に満ちているというのは、純粋に信じがたいことです。そして、多くの銀河人がこの観点を共有しています。私たちにとって、あなたはインスピレーションの源ですが、すぐにあなたがより良い状況で生活できるようになることも願っています。

私たち自身はほとんど苦しんでいないので、平均的な地球人が経験する痛みの量を想像することはできません。ましてや、これだけ苦しんでいるにもかかわらず、根源的に良い心を持ち続けている人など想像もつかない。闇の支配者たちはそれを想像することができず、あなたを過小評価し、痛みや闇が多い世界でも、あなたの回復力と善意に困惑し続けるのです。

誰もが私の無条件の愛を持っています。もしあなたが根本的に良い心を持ち続けることができるのなら、あなたは私の偉大で深い尊敬の念も持っているのです。毎日毎日、親切にする必要はなく、自分のため、周りの人のためにベストを尽くすだけで、それは素晴らしいことだと思います。

もし私が地球人のライトワーカーたちのような生き方をしたら、あなたたちのようにうまくいくとは、とても思えません。あなた方は本当に素晴らしく、私にインスピレーションを与えてくれます。実際、ますます多くの銀河人が、地球人のライトワーカーを、光と人間の精神がなし得ることの輝く例として使い始めています。銀河人の中には、子供たちに提供しているレッスンの中で、地球人のライトワーカーについて言及する人さえいます。あなたは、そこにいる多くの、多くの存在にインスピレーションを与えているのです。

中期的にはより良い時代がやってきます。地球人は何があっても自由になります。問題は、自由になるまでのプロセスがどれだけ早く、どれだけ苦しいかです。

私はあなたを無条件に、そして無限に愛しています。

チュニア

光の時代のために

**チャンネル A.S.

ソース

光の弥勒預言天使

約17年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河間司令部の一司令官 部下:サナト・クマラ司令官とアークトゥルス艦隊 アシュター司令官の直属の部下 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神(木花咲耶姫様)の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 名誉博士号内定者 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/ArchangelHeroin

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です