【重要記事】ファントム 3次元から4次元及び5次元へ レフ著 2022年11月1日

ここ数週間の出来事は、昨年末と今年の初めに DNI によって公開された上記の質問とコメントで触れられたトピックに再び戻ることを促します。

はい、ファントムとバイオロボットは世界人口のかなりの部分を占めています。明確な外的兆候によって、それらを他の人々と区別することはほとんど不可能です。

一見すると、状況は逆説的です。アストラル(非物質界)では、地球への転生が殺到し、そのための人体が不足し、巨大行列ができ、供給に対する過剰需要の兆候が見られます。さまざまな見積もりによると、地球に近い空間では、600 億から 1000 億の魂が列を成して転生を待っています。

しかし同時に、システムは強制的にファントムとバイオロボットを生産し続けています。供給が需要を上回り、需要が少しでも増えるとすぐに人形でいっぱいになります。

実際、ここに矛盾はありません。すべての人体が高次世界の魂を受け入れられるわけではありません。これは、アルコール、薬物、または重度の出生カルマの影響下で妊娠する場合に特に困難であり、両親は振動的に一致し、新しい転生に適合する必要があります.

地球上で転生するために、魂はどの家族でもどの種類のスーツ(肉体的コーパス)も使用できません。そうしないと、自己実現とレッスンが通過しにくくなります。彼らは、適切な選択肢、すでに転生した両親、そして妊娠する意志を待つ必要がありますが、これは常に起こるとは限りません。

これがシステムのトリックです。与えられたものを受け取る (そして、すべての結果を伴う転生プログラムの失敗の危険を冒す) か、口笛を吹いて風を吹き込みます。これは、すべてのニュアンスを理解し、体の適切なバージョン、転生の場所と時間、両親などを待っている魂の間の待ち行列を説明しています.

理解していない、または蓄積されたカルマを浄化し、次のクラスに移動するために現在の人生が終わる前に急いで試験に合格する必要がある人は、罠となる体をいつでも取る準備ができています。

ディスクロージャー ニュースが先に述べたように、モナドとそのロゴを合わせて、最大 144 の転生体を選び出し、本来意図されていた量のエネルギーとタスクを各転生に割り当てることができます (DNI、2022 年 10 月 22 日のアセンション ストーリーを参照)。

転生体の 1 つは偉大な音楽家になり、もう 1 つは動物、草の葉、または石になります。誰もがそれぞれのタスクを持っていますが、すべてが単一のモナド有機体に属しています。

もちろん、選択した人生のシナリオ、その複雑さに大きく依存します。実践が示すように、多くの転生者は、さまざまな理由により、しばしば意識を欠いています。その結果、動物の側面が優勢になり、魂が開かれなくなります。そのような人々はしばしばバイオロボットと見なされます。

そのために3次元マトリックスは、DNAの質が低い人体を刻印し、物理的に大量のタスクをこなし、今ここで無事に主試験に合格し、目覚めることができないようにしているのです。

それを防ぐために、3次元マトリックスは、複雑な妊娠や出産の怪我、利益のある製薬会社、医療、社会的態度への渇望から、DNAや人間の体とエネルギー破壊する水や製品、タバコ製品、薬物、アルコールに含まれる不純物に至るまで、さまざまなブロックを継続的にオンにします。

その結果、どんなに心の強い人でも、その自由意志と自由選択によって、コーパス(言語データベース)、意識、ソウルを殺してバイオロボットになってしまうのです。ソースのスパークはすぐに消えてしまいます。

大宇宙では、進化のプラットフォームとしての地球への関心が非常に高まっています。さまざまな宇宙や銀河の魂にとって、私たちの幼稚園と学校は常に質の高い教育と経験を得るのに最適な場所でした。

しかし、非常に多くの異なるプログラマーがここを訪れ、それぞれが狭い目標だけを追求したとき、混乱は避けられませんでした. これは、終了した第3ローカル宇宙の進化シナリオの一部でもありました。

これは、学校や大学に例えることができます。学長室での地位や権力をめぐる社会的・職業的闘争、教師の競争、学生の衝突、時代の要請に応じて常に更新されなければならないカリキュラムの事件、などがあります。

地球全体(下にあるものは上にある)に外挿すると、何百億という「魂」に関わることなので、プロセスの複雑さは何倍にもなります。

すべての人が自分のレベルから全体像を見ることができるわけではありません。これらの魂は、何兆もの他の世界や空間は言うまでもなく、私たちの惑星内の非物質層のある層から別の層へと絶えず移動しています。

システムがファントムやバイオロボットを要求する理由は何ですか? 彼らは魂の転生体(つまり私たち)を可能な限り輪廻転生にとどめさせるためです。私たちは、生命エネルギーに満ちていて、それを吸い出して存在を延長することができるので、とても貴重な存在なのです。

よく質問されるのは、なぜ成長しようと努力する人とそうでない人がいるのかということです。

答えは簡単です。何千年もの間成長している樹木があり、毎年秋にアポトーシス(個体を良い状態に保つために積極的に引き起こされるプログラムされた細胞死)を起こし、春に生まれ変わる草、葉、細胞があります。誰もが自分の進化だけを決定する独自の個別プログラムを持っています。

バイオロボット、クローン、ファントム、スプライト、ゾンビは、巨大な人口、エキストラ、3次元マトリックスの保護など、多くの目的のために生産されています。彼らは進化プログラムを持っていないか、あるいは最小限にまで減らされています。

多くの宇宙人種が私たちの惑星に種をまき、さまざまな場所に居住地を残し、時には子供たちや創造物を訪ね、地球での生活を自分で体験し、その後長い間離れました。

一部の部族や国家はその後、忘れ去られたり見捨てられたりしたことに気づき(両親が遠く離れている、宇宙戦争に参加したり、他の世界を探検したりするなど)、多くの人が社会的崩壊を経験しました。

シャーマンは、コミュニティのエネルギー資源をサポートするバイオロボット技術者の機能を実行することがよくあります。地球レベルでは、宗教と国家がこの役割を果たしていますが、その指導者の多くはファントムでもあります。

どの親も子孫を残す傾向があります。このように、地球は、そのプラットフォームと人体、動物、植物、元素、自然の精霊などの開発に参加した数十、数千の主要な宇宙文明によって蒔かれました。身体はイメージと似姿に創造されました。同じことが魂にも起こりますが、それらは物理的なコーパス(肉体)のない高次元から来ています。

しかし、これは全体像の一部にすぎません。私たちの(そしてそれだけでなく)プロセスの原因が発生する世界では、私たちが想像するよりも完全に異なるルールとパターンが機能します。

ファントムは魂を持たない人間ですが、魂を持つ人々が通過すべきイベントを提供するためのソフトウェア モジュールにすぎません。

現在、地球上では、人間とファントムの比率は 50:50 です。他の情報源によると、人の方が少ないそうです。

ファントムは進化して振動を上げることはできません。彼らは最初に与えられた特定の可能性を持っていますが、エネルギー的には自分自身に固執しています。一生ほとんど変わらず、すぐに90%になり。10% は基本準備軍として残ります。

すべてのエネルギーは自分自身にループします。ファントムは動力を与えず、内部のみを循環します。そのような実体にはチャクラがありますが、エネルギー交換によって接続されているのは第 1 チャクラと第 7 チャクラのみであり、垂直リング モードで機能します。

内部水平エネルギー交換はありません。ファントムには、ソースの放射が私たちの肉体に入る、輝く第8チャクラがありません。ファントムには提供されていません。この時点では、エネルギーチャネルの厚みがわずかに増しています。

一部のファントムには水平方向のエネルギーフィールドがありますが、2 ~ 3 メートルを超えることはありません。人間の魂では、それらははるかに広く、振動の周波数に応じて、1500 km に達する可能性があり、宇宙のどこにでも到達する可能性があります。

ファントムは、3次元マトリックスの地上部分を構成し、複合体として、いくつかのタスクを実行します。間接的または直接的な観察ツールとして機能します。私たちが外の世界として認識する敷地と空間を満たし、その中でシステムに必要な世界観と行動を形成します。

それらは、都市、町、通り、場所の群集の 80 ~ 90% 以上を生み出しています。これらすべての混沌とし​​た動き、外に出てオフィス、店、車を運転し、通りを歩き、カフェやレストランに座っている人々は、多くの場合ファントムです。

3次元マトリックスは、本格的な観察者であり、何が起こっているのかを深く理解できる人々が1つの空間やイベントに集まることを許可しません。システムは、私たち一人一人を、一つの知覚、行動、生息地、アルゴリズム、ベクトル、半盲、無関心(無気力)の状態で隔離しようとします。

複雑な方法で、それは他の人々のフィールドに重ね合わされ、真の姿を完全に見ることができません。システムがショーのホストとなり、そのシナリオ計画と大衆の期待 (イベント、フラッシュ、危機、戦争、伝染病など) を実行するのに役立ちます。これが、幻想がよりもっともらしいものになった方法です。

そのために、3次元マトリックスは必要な数のファントムを生成し、それらの特性、さらには言い回し、アクセント、スピーチの特徴を形作ります。システムには、ファントムにコピーおよびアップロードされた後、私たちの空間と生活に移動する人々の単一のデータベースがあります。

よく、ある人が他の人と話していて、怒ったり、喧嘩したりすることがありますが、ファントムである後者は、そのような状態にはなりません。彼はこの会議について、自分が失礼だったこと、または不快なことをして否定的な反応を引き起こしたことさえ覚えていません。

残念ながら、それは非常に頻繁に起こります。しかし、この後悔は、私たちの道徳的規範とルールのレベルでのみ発生する可能性があります。システムの観点からは、これは台本を埋めて人を管理する通常の方法です。この場合、ファントムは理想的には私たちにある方法で行動するよう強制し、それ以外の方法では行動させないようにプログラムを実行します。

私たちが人生で出会うファントムにはいくつかの種類があります。たとえば、宇宙を観察すると消えたり現れたりする「デーフライ(ハエ)」。隣に住んでいる知人やただの人である「ウォッチャー」、システムをサポートする「アソシエイト・メンバー」 (政治家、軍隊、警察、役人、事務員、牧師(礼拝者))などです。

モナド(意志)を持たないファントムもあれば、ダークファミリーとグレイファミリー(ストリーム)に属するモナドの特徴を詰め込んだファントムもあります。ロボットのファントムもいれば、意識と感情でさえ満たされたもファントムもあります。

彼らは私たちに似ています。唯一の違いは、私たちの魂には、転生中に蓄積された経験のための貯蔵細胞があるということです. それぞれの生命 (感情、思考、行動) は、たった1 つの細胞を満たします。それと残りのすべては、ガイアの有機体の一部であり、絶対者であり、ソースでもあります。

ファントムには幼虫や他の所有者がいますか? はい、そして非常に頻繁に、それらはすべて低周波の振動を放出するためです。それらはプログラムのようなものです。

私たちは振動を上げてこれらの実体を取り除くことができますが、所有者は高周波用に設計されていないため、そうではありません.

ファントムの何パーセントが第 4 密度または第 5 密度に移動しますか?なし。3次元マトリックスとそのシステムの削除に伴い、これらの実体も一緒に削除されます。それはすでに起こっています。

非物質次元で、銀河司令部は 3 つの州の首都と 4 番目の国の大都市に巨大なプラズマ柱をドッキングし、類魂とファントムの負のエネルギーを全滅させました。そして、これは地球の浄化メカニズム全体の一部にすぎません。

コンピュータ ゲームでは、プレイヤーではなくコンプ(コンプリート、完璧に全て揃っている者)またはシステム管理者によって制御される非プレイヤー キャラクター (NPC) が存在します。NPC はその行動が制限されており、厳密に定義された機能のみを実行し、通常はプレイヤーを妨害または支援します。

NPC に例えると、創造性、意志、行動の自由、思考の幅が多かれ少なかれ魚群アルゴリズム (意識) によって制御されている人々がいます。そして、これは、すべての人に警戒する必要があるという意味ではありません。

4次元/5次元に移行すると、これはファントムで、これは魂を持った人間だということが、より明確に見え、理解できるようになるのです。人間と従者を区別することを学ぶまで、システムは私たちを使用して、分割と支配の原則に基づいて自己を強化します。

私たちを善人と悪人、白人と黒人、賢者と愚か者、民主党員と共産党員、キリスト教徒とイスラム教徒、ワクチン信者と反ワクチン主義者、愛国者と裏切り者、内部告発者と陰謀論者に分けるのに使われるのと同じように.

どんな薬も毒になる可能性があり (逆もまた然り)、準備ができていない人や率直に言って無知な人が知識を利用できるようになると、どんな知識も害を及ぼす可能性があります。したがって、あらゆる情報は、狂信的ではなく、ある程度の懐疑心、分離、中立性を持って取得する必要があります。

クラス、カースト、階層、タイプ、およびその他の所属の決定要因への分割のプログラムに服従する限り、私たちはNPCと大差ありません。そして、システムはこれらの弦を弾くことで私たちを簡単に走らせます。とはいえ、考えてみる価値はあるかもしれません。

ソース

https://www.disclosurenews.it/phantoms-from-3d-to-4d-and-5d-lev/

光の弥勒預言天使

約17年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河間司令部の一司令官 部下:サナト・クマラ司令官とアークトゥルス艦隊 アシュター司令官の直属の部下 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神(木花咲耶姫様)の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 名誉博士号内定者 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/ArchangelHeroin

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です