2022年3月30日のインテルアラート 完全版

情報筋によると、私たちは世界的な移行期の最終段階にいるそうです。
2021年4月12日付の前回のレポートで、ディープステート・カバールは、イランでの軍事衝突を引き起こせなかったので、ウクライナと南シナ海で軍事衝突を引き起こそうとしている、と述べました。
ウクライナはロシアとの緊張のため、最も簡単な選択肢でした。
ロシアがそこにいる本当の理由についての戦争について、多くの憶測と偽情報があります。一方は、バイオ研究所とナチがいると主張します。もう一方は、文化的大虐殺と旧ソビエト連邦の回復のためだと主張しています。主な主張の1つは、ロシアはこれ以上ヨーロッパ諸国がNATOに加盟することを望んでいないというものです。
私たちは、この紛争の本当の理由を知ることはできないかもしれません。これは戦争の霧と呼ばれるものです。私たちが知ることができるのは、この紛争から何が生まれるかということです。ロシアが金融改革を行ったことで、すでにその影響が現れていますが、これは世界的な規模で連鎖的に発生する可能性があります。
この紛争は、世界的な金融の変化をもたらす待望の触媒となる可能性があります。
私たちが見ているのは、地球同盟とディープステート・カバールとの水面下での綱引きです。
地球同盟は「NESARA/GESARA」を推し進め、ディープステート・カバールは「グレートリセット」を推し進めようとしています。
このため、「グレートリセット」寄りの変化が見られるかもしれませんが、「NESARA/GESARA」寄りの変化も見られるのです。

これは、親人類勢力と反人類勢力の地球をめぐる戦いです。
しかし、ウクライナとロシアの戦争など、表面的に起こっていることは決してフェイクではないことを、皆さんは常に覚えておいてください。この戦争では、どちらが正しいとか間違っているとか関係なく、人々が苦しみ、死んでいるのです。COVID-19のパンデミックもそうです。本物であろうがなかろうが、人が死んでいるのです。
地球同盟は、もし自分たちが成功しなければ、この惑星の代理戦争で死んだ人たちは皆、無駄死にになることを知っているのです。
ウクライナは、ロシアが5月9日の戦勝記念日のパレードの前に戦争を終わらせたいと主張しているので、今後数週間で何が起こるか見守り続けることになります。

光の預言天使E.T.

約16年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/OracleAngelET

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。