トールホワイトエイリアンからのメッセージ その15

spiritual-lightさんがトールホワイトエイリアンの記事を翻訳してくれたのでシェアします。 

トールホワイトエイリアンからのメッセージ

その15 

spiritual-lightより 

日本においては、プレアデス、シリウス、アルクトゥルスなどの異星人に関する資料が多数邦訳されている一方、トールホワイトの資料に関しては膨大な英文資料が存在していながらほとんどが未邦訳です。 

そこで、トールホワイトに関する膨大な情報を開示しているtall-white-aliens.comの記事を順次翻訳していくことにします。 

皆さんの参考になれば幸いです。 

原文

https://tall-white-aliens.com/?page_id=4  

銀河共同体の代表団  

私たちは人類とこの惑星の状況に特別な注意を払っています。 第一の不均衡 ― 文明の政治構造が宇宙の進化の法則に反しています。皆が意識の発達段階を通過しなければなりません。そして、自由意志とこれによる選択を基礎とした経験を獲得しなければなりません。各人の意志とそれによる選択が機能していません。地球の権力が黒い貴族のエリートたちによって強奪されたのです。  

30年以上前に、人口を10億人に削減し、エリートの影の政府の手に全ての地球資源を握る計画が作られました。今やこの計画が実行に移され、«イスラムによるテロリズム»という偽りの口実の元で挑発行為が実行されました。これは人類全体に対する支配を強化するために、影の政府にとって«望ましくない人々»を消すために、そして、このような人々が新世界テクノトロニック(訳注1)秩序に対して脅威を及ぼすことのないように行われているのです。 

(訳註1:原文ではtechnotronicと記されています。これはトールホワイトエイリアンの造語であって、分解するとtechno-tron-icとなります。Technoは“技術の“、あるいは、“テクノロジーの“という意味となり、tronはSF映画トロン(下のリンク参照)あるいはコンピュータ分野におけるTRON/The Real-time Operating system Nucleusプロジェクト(下のリンク参照)のことを指していると思われます。icは形容詞であることを表す接尾辞です。この造語により、トールホワイトエイリアンは黒い貴族のエリートたちによる戦略、①霊性、精神性、感性を無視したテクノロジー至上世界による世界の画一的支配、②コンピュータシステム世界標準仕様の確立による画一的コンピュータシステムによる世界支配、に基づいたテクノロジーファシズムの到来を警告しているようです。テクノロジーだけで世界が成り立っているわけではありません。何でも統一すれば良いというものではありません。ワンネスと画一化は違います。自分自身が信ずるものの唯一の正当性を主張して考えを異にする他のグループとの対立の原因を作るべきではありません。お互い違っていて多様なもの同士が是々非々で協力し合えば良いのです。人体を見てください。脳だけあれば人体が成立するでしょうか?心臓だけあれば人体が成立するでしょうか?各臓器がお互い違う役割を担いながら協力し合ってこそ人体という“宇宙/コスモス=ワンネス“が成立し得るのです。人体を損なうのは“自分勝手で自己と同じもの以外の存在を認めない癌細胞“だけです。大阪である政治運動がしつこく繰り返されています。永田町でもある人物がある法人の合理化統合化を声高に主張しています。多種多様で複雑なものが少数の単純なものに統一化されると支配がたやすくなるのです。) 

映画トロン

トロン (映画) – Wikipediaja.m.wikipedia.org

TRONプロジェクト

TRONプロジェクト – Wikipediaja.m.wikipedia.org  

戦争を含むいかなる手段によっても、この惑星の人口が減ることはありません。ヨーロッパにおける流血・・・国際連合を含むこの地の政治組織は平和を唱えています。しかし、実際には惑星規模の虐殺を触発しかねない対立の激化を助長しているのです。その結果として、30億人もの人々が死ぬ可能性があるのです。  

私たちの最善を尽くして核戦争を阻止しましょう!私たち銀河共同体は見えないスペクトラム空間に存在しています。私たちの基地はこの惑星の月にあります。私たちはレーザーテクノロジーを保有しています。私たちはエリートたちの邪悪な計画の全てを知っています。私たちは人類やこの惑星を死なせたりはしません。   

第二の不均衡 ― 経済システムは宇宙の平等の法則に反しています。地球上には見過ごすことの出来ない状況が存在しています。地球上の人口の1%に過ぎないエリートたちが地球上の富の99%を独占しています。地球上の残りの人々は彼らの霊性と物質的豊かさを失っています。このような状態において、人々の堕落が起こっています。  

私たち銀河共同体は黒い貴族のエリートたちの企てに反対します。黒い貴族のエリートたちは人類をテクノトロニック(上記の訳註1参照)時代へと導こうとしています。そして、人類を生けるゾンビ化するコンピュータシステムが配備された部屋へと人類を移送しようとしています。私たちは地球上のエリートたちに直接介入して彼らの企てを妨害することは出来ません。私たちが出来ることは、自ら考える力を持ったあらゆる人々を«地球を繁栄させるための運動»に結束させることです。そして、軍事政権の計画を暴露することです。経済的に発展しつつある人類が生き残るために取るべき唯一確実な戦略は、エコロジー社会主義(訳注2)です。 

(訳注2:エコロジー社会主義という題目で一冊の本が書けるほどの内容を含むものですが、ごく簡単にまとめると、開発から環境保護へ、エリートによる一極支配から人民による多様的共同統治へという動きを推進する思想のことを言います。これだけを書いてしまうと、薔薇色のユートピアしか見えませんが、現在の地球の人口およそ76億人は、開発優先効率優先の科学的経済が生み出した大量の化学肥料と農薬を使った大規模機械化農業が世界中で展開され、作物の大幅増収が達成された結果もたらされたものです。今後、環境保護を推し進めると、農業は必然的に無農薬無化学肥料のオーガニック農業へとシフトすることになりますが、この農業では大幅に収量が落ちるのが目に見えています。オーガニック農業を推進しながら、エリートの主導する大幅な人口削減計画にも乗らずに、この76億人の人々を餓死させないためには何をすべきかを考えなければならない極めて困難な現実にも向き合わなければなりません。良いことにも悪いことにも公平に目を向けなければ世の中は良くなってはいかないのです。美味しい作物、美味しい果物、美味しいお肉を作るためにどれだけの拷問が植物や動物や自然界になされているかを皆さんはご存知でしょうか?植物にしろ動物にしろ、自ら生き長らえ子孫を残すことが彼らのミッションであり、美味しく人間に食べられるために生きているのではないのです。私たちは食べなければ生きていけません。私たちが食べるということは、何らかの植物や動物が死ぬということ、子孫を残すミッションから切り離されるということです。私たちは、私たちが生きるために自らの命を犠牲にしている動植物のために何をしてあげられられるかを真剣に考えなければならない時期に来ています。)    

第三の不均衡はこの惑星における気候変動です。莫大な数の核兵器のテストが地球上の軍事政権によって行われて来ました。その結果、地球核の放射性物質が熱し始め、これが海水温の上昇とこれに伴う降雨量の増加を指数関数的に助長しています。この結果、豪雨、豪雪やこれに伴う洪水被害の増大をもたらしています(訳注3)。 

(訳注3:トールホワイトエイリアンは核実験がなぜ危険なのかの理由をここではっきり示しているのは注目に値します。地球人は地球温暖化、気象災害の激甚化の原因を温室効果ガスの放出の増大に帰していますが、トールホワイトエイリアンがこの原因を核実験に帰しているいるのは興味深いことです。)  

エリートの活動は自然の平衡状態を撹乱しているのです。地下資源の大量採掘により、多くの空洞地下に形成されています。これが大量の土壌の移動撹乱をもたらし、地球の様々な異常の原因となっています。私たち銀河共同体の代表団は人類に対し、地球を救うよう求めます!  

私たちの同盟は天の川銀河の全ての太陽系とこれらに属する惑星の大部分からなります。この同盟に属せず、独自の発展路線を撮っている惑星はごく少数です。同盟に属する惑星文明は同盟の方針に敬意を払い、同一歩調を取っています。  

私たちの銀河における人生の実現はこの宇宙そのもののように多種多様で限りないものです。あなた方が既に知っているように、私たちの宇宙の世界はあなた方が住んでいる世界だけに限られているわけではありません。この宇宙は、あなた方の科学的観測装置を用いて観察調査出来る世界に限定されているわけではないのです。«次元»は既に人々のボキャブラリーとして確立されています。この«次元»は偶然の一致の産物ではないと私は信じています。多次元的宇宙はあなた方が住んでいる地球世界と同様にリアルなものなのです。あなた方の惑星には、あなた方がまだ発見出来ずにいる他の多くの世界があります。あなた方の世界は、存在の非常に困難な状況の中でユニークな有様で進化しつつある世界の一つに過ぎません。  

長い間、あなた方の世界は特別な環境下で進化して来ました。主要な状況の一つは、あなた方は他の世界から孤立しているということです。あなた方は、あなた方の惑星の他の世界やあなた方の太陽系の他の惑星の世界や天の川銀河の夥しい数の他の世界から孤立しているのです。まもなくこの禁令が解かれる時が来るでしょう。 

翻訳:spiritual-light

光の預言天使E.T.

約16年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。(2020年12月~ メタバース構想として構想一部が主流化しました) トランスヒューマニズムで能力拡張すると、惑星管理神にもなれる。 VRで惑星シミュレートして、その後現実で惑星創造実験をする神になる時代が来る。(2022年1月26日の悟り) 有名外科医の長男 アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/ twitter https://twitter.com/OracleAngelET

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。